問題提起の映画ー天空の蜂

安保法制成立後のがっくり感で迎えた連休。
アヤママと映画を見に行きました。

天空の蜂




人気作家・東野圭吾が原子力発電所を題材に1995年に発表した傑作小説を、堤幸彦監督が映画化した社会派サスペンス。最新鋭の大型ヘリを手に入れたテロリストが、日本全国の原発の停止を求め稼働中の原発上空でホバリングさせるテロ事件を描く。困難な直面に立ち向かうヘリコプター設計士を江口洋介、原子力機器の設計士を本木雅弘が演じ、初めての共演を果たす。東日本大震災による原発事故を経験した日本において、改めて社会と人間の在り方を問う衝撃作。
1995年夏、愛知県の錦重工業小牧工場から防衛庁へ納品する最新の設備を搭載したヘリコプターが、正体不明の人物によって奪われてしまう。やがて遠隔操作されたヘリは稼働中の高速増殖炉の上空でホバリングを開始し、テロリストが日本全国の原発停止を求める犯行声明を出す。さらに、ヘリ内に子供がいることがわかり……。
ーyahoo!映画紹介文より


原作小説は20年前に書かれていて、それも800枚くらいの大部の作品。
ちょうど高速増殖炉「もんじゅ」のナトリウム漏れ事故が起きた時期になるので、それに触発されて書かれた作品なのかな…と思ったら、
事故は刊行の一ヶ月後に起きていた。
東野圭吾、鋭い予言をしていたことになりますね。もっとも、脱原発派の人々にとっては、当時から十分ありうる内容と受け止められたのではないでしょうか。

本作はストーリーからもわかるように、社会派映画ではなく、エンターテイメント大作を目指したものです。
少年を乗せ、爆弾を積んだ自衛隊の新鋭巨大ヘリが、何者かのリモコン操作で小牧基地から高速増殖炉の直上に飛行し、国内すべての原発停止を要求する犯行声明がでる…
そこまでの経過をあっさりと、タイトルの出る以前に済ませてしまう。
このスピーディな展開は最後まで持続します。

注目したいのは、観客をドキドキさせつつも、原発をめぐる諸問題を巧みに盛り込んでいること。
原子炉破壊の場合の汚染拡散の予想
原発停止をめぐる情報操作
原発下請け労働者の労働条件と健康被害
原発技術者の家庭に対する「いじめ」絡みのバッシング…
中でも、原発下請け労働者の問題への切込みは、一般映画の枠組みの中では、画期的なものと思われます。


原発停止をめぐる決定を迫られるのに政府関係者がまったく出てこないこと
公開前の巨大ヘリ格納庫が施錠されておらず、少年があっさり機内まで入り込んでしまうこと
少年救出場面の逆転劇の理不尽
銃を持って警察的行動をする自衛官…など
アレレと思わせる部分もあるのですか、
社会への問題提起の力を持った、一見の価値のある作品と思いました。


それにしても存在感のあるのは、架空の超巨大輸送ヘリ、ビッグB。
冒頭と終盤を除き、ほとんど原子炉上空に静止しているだけの出番なのですが、
デザインといい、見せ方といい、
巨大なロボット怪獣を思わせます。
怪獣映画につきもののマッド・サイエンティストにあたる人物も、ちゃんと登場しているのですから、
本作は、日本映画のお家芸に乗っ取った、伝統的なSF怪獣映画と見ることも可能ですね。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメント(2)
No title
体力の限界から、終電少し前に、最後に国会議事堂の横を機動隊員のお供付きで「お散歩」してから家に帰り着き、本会議採決はテレビで見ておりました。

東野圭吾は、ベストセラー「白夜行」以降の数冊しか読んだことがなくて、この映画の原作は存在すら知りませんでした。
ご紹介文を読ませていただくと面白そうですね。
読みながら、ふと長谷川和彦が撮った「太陽を盗んだ男」を思い浮かべておりました。

gustav_xxx_2003

2015/09/22 URL 編集返信

No title
グスフさん、お疲れ様でした。予想されていたとは言いながら、強行採決には何とも言えぬ虚脱感を感じていました。
しかし、市民の動きの高まりと、それに押されての野党の死に物狂いは論議の「引き伸ばし」に大きく寄与したと思います。その影響はこれからじわじわと出てくることでしょう。
東野圭吾は、中学生層から広く読まれている作家なのですが、昨今のベストセラー作家の中では珍しい、SF作家です。その飛躍した発想力が、20年前にこんな作品を生み出したのでしょう。人が人でなくなるのは、物語る力を失うとき。政治家の皆さんにも、その力を鍛えて欲しいものだと思います。

yositaka

2015/09/22 URL 編集返信

コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

yositaka

Author:yositaka
子どもの本と、古めの音盤(LP・CD)に埋もれた「ネコパパ庵」庵主。
娘・息子は独立して孫4人。連れ合いのアヤママと二人暮らし。

ご訪問ありがとうございます

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR