自意識過剰少年が、宇宙戦争に遭遇する物語



シンドローム 
(ボクラノSFシリーズ)
佐藤哲也
挿絵 西村ツチカ
福音館書店 2015/01/14

 
髪が風に吹かれている。川原の光をにじませている。
ぼくは久保田の顎を見つめる。
ぼくは久保田の手を見つめる。
ぼくは久保田の頬を見つめる。
ぼくは久保田の見つめている。
ぼくはまぶしさを感じている。
久保田の隣で、ぼくはサンドイッチを手にしている。

 
ある日、天から謎の火球が落下してくるのを、教室の窓から目撃した「ぼく」たち。
落下速度に制動がかかったことから、ただの隕石ではないと感じた四人の高校生は、自転車で落下現場に向かいます。
これが、七日間の物語の、最初の出来事でした。
 
自意識過剰で、頭の中は理屈だらけの「ぼく
僕の後ろの席の、気持ちを表面に出さないが「松本零士の漫画に出てくる女性似の、なにかしらの美人」である久保田
ぼくの中学からの友人で、現実的、行動的で「結論」を急ぎたがる平岩
膨大なSFの知識を持ち、起きている状況をたちどころに作品に置き換えて事件の「可能性」を説明する倉石
物語は「ぼく」の一人称で進行していきます。
 
落下現場のクレーターからは、隕石らしいものは発見できず、
しかしまもなく、街のあちこちが陥没し、穴同士が繋がって深い谷となり、
人々や家々を次々と飲み込んでいく事態が到来します。
谷の底からは、悪臭を放ち人を襲う触手のような異生物()も出現。
四人の通う高校も、この災厄に巻き込まれ、校舎もろとも谷底に転落します。
液状化した谷底に飲み込まれていく逆転した校舎の中で、生徒や教師の生き残るための苦闘が続きます。
ストーリーだけを取れば、80年代のパニック映画を思い出させるような「SFジュブナイル」らしい展開です。

ところが、読み出してまもなく「これは、どういう話なんだ」と読者は途方にくれるかもしれません。
なんだか、ストーリーが背景に回っている。 
かわりに、尋ねてもいない「ぼく」の奇妙な内面が、これでもか、というくらいに詳しくしつこく、語られていくのです。
 
「ぼく」にとって最優先は、久保田です。
特別な関係にはないといいつつも、実は、考えているのは彼女のことばかり。
「ぼく」の切実な願望は、久保田との「精神的な距離を縮める」ことです。

「ぼく」は自分を「精神的で、中庸を好む人間」であるとし、久保田に好意を持っているらしい平岩の、久保田への「非精神的」アクションをとても気にしています。
平岩を心の中で繰り返し「非精神的な迷妄の奴隷」と罵倒し、軽蔑しますが、そんな気持ちはおくびにも出さない。
それは、実は「ぼく」自身が持っている、非精神的な部分への嫌悪の情に他ならないからです。
 

ぼくは久保田を久保田と呼ぶ。…久保田を久保田と呼んで抽象化し、言わば非精神的な要素を排除することで久保田とのあいだに距離をたもち、安定させているのかもしれない、とぼくは思った。つまり久保田は精神的な存在だった。その範囲で久保田に肉体はなかった。しかし抽象化をやめれば、久保田は非精神的な存在になるに違いない。そのとき、距離はどうなるのか。暗黒の領域を手探りで進めば、距離を誤ることになるだろう。暗黒の領域には罠が多い。そこでは現実と迷妄を見分けることができなくなっている。すべてが非精神的な期待と願望に還元される。…期待と願望が真実をゆがめて迷妄を呼び出し、精神的な人間を非精神的な人間に変え、非精神的な人間は迷妄の亡者となって闇の中をさまようのだ。気をつけなければならない、とぼくは思った。

 
彼の頭の中は、あきれるくらいに「理屈」でいっぱい。
周囲のちょっとした一言や動作が、疑念と、嫉妬と、憎悪をよび、同じ理屈を何度も何度も反芻する。その軽蔑ぶりはかなり徹底していて、「ぼく」は人ばかりか、今陥っているパニック状況、迫りくる異生物にすら恐怖と軽蔑を感じ
「恥ずかしい」
と意識から退けようとするのです。
そんな彼の内面を、これでもか、というくらいリアルに語りつくそうとする異様な文体。傷の入ったレコードのように反復される「繰言」。
巧妙に配置され、文章と一体化したような感情表現の豊かな挿絵や、
台詞の置き方、紙面の文字の配分にいたるまで考え抜かれた「視覚的効果」が、いっそう異様さを際立たせています。

読者は読み進むうちに、そんな「ぼく」にすっかり閉口するでしょう。
それでも、どこかで密かに「共感」するかもしれません。
老いたネコパパも、これを読んでいて、
自分の奥底に隠れた「愚かな少年」が覚醒するような、いやあな、気分になったのです。
 
そんな、どうしようもない自意識を抱えた「ぼく」ですが、それを主体的な行動として外部に現し、他者と対立したり、物語に波風を立てたりすることは、ありません。
「ぼく」はひたすら受身で、何もしない。
本作が三人称で書かれていたとしたら、オーソドックスな「SFジュブナイル」あるいはパニック小説の枠内にとどまっただけでなく、
主人公は、「ぼく」ではなく、より行動的な平岩になっていたかもしれません。 

外部から隔絶し、自らも外部を隔絶した「ぼく」の息苦しい物語は、
そのまま、私たちの現代に繋がるリアリティを感じさせます。

2011311日、私たちは事態に遭遇しました。

本作を「大震災」を投影した作品と読む人もきっといるでしょう。
2015329日に池袋で行われた読書会では、
「6日目(第六章)の最後のページが311なのは、3月11日を意識しているのか?」
との意見もあったそうです。
極限の事態に、私たちはいかに目の前の現実を認識するか、あるいはしないか…
少年の内面を冷酷に描くことで、目の前の事態に目をふさぎがちな私たちに「覚醒」を呼び起こす…
そんな意図が含まれているのかもしれません。
 
物語の終わりの言葉は、こうです。


これはどこかで終わるのか、とぼくは思う。
ここに戻って来れるのか、とぼくは思う。
ぼくは思う。
いまはもう、思うことをやめようと思う。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメント(2)
No title
当然、この本は読んだこともなければ佐藤哲也という名前も初めてみます。
ご紹介を読んでおりますと、意味もなく、目的もなく、自分を問い詰めていた十代半ばの頃を思い出すようでもあります。

いまは、自分の子供を見ておりましても、こういう思考をすること自体がネクラ、ダサいの一言で終わりそうです。
そして、細々とこういうことを考えている若者は、中途半端に自分を見るような本は拒絶しそうです。
こういう本が若い読者を獲得できているのでしょうか?

gustav_xxx_2003

2015/09/09 URL 編集返信

No title
おそらく、熱心な読者は少数でしょう。けれどネットや新聞雑誌の書評に、児童書としては異例なほど取り上げられたり、池袋で読書会が開かれたりしています。
ひとつには「造本・デザイン・活字の配置」にまで趣向の凝らされた作品であることが、ビジュアル世代に響くところがあるのかもしれません。
個人的には、たいへんユニークな実験作品だと思います。

yositaka

2015/09/09 URL 編集返信

コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

yositaka

Author:yositaka
子どもの本と、古めの音盤(LP・CD)に埋もれた「ネコパパ庵」庵主。
娘・息子は独立して孫4人。連れ合いのアヤママと二人暮らし。

ご訪問ありがとうございます

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR