ロリン・マゼール氏が死去





世界的な指揮者で、ニューヨーク・フィルハーモニックなど数々の名門オーケストラを率いたロリン・マゼール氏が13日、肺炎の合併症のため、米南部バージニア州の自宅で死去した。84歳だった。
マゼール氏の団体が同日発表した。クラシック音楽界の巨匠と称され、北朝鮮の平壌で公演したことでも知られる。
1930年、フランス生まれの米国人。ウィーン国立歌劇場総監督など各国のオーケストラで要職を務め、2002年にニューヨーク・フィルの音楽監督。08年に米朝初の本格的文化交流として、同フィルの平壌公演を挙行し、米朝両国歌や朝鮮民謡「アリラン」を演奏した。
来日公演も多く、95年には阪神大震災の被災者を励まそうと、ピッツバーグ交響楽団を率いて神戸市で慈善コンサートを開いた。今年7~8月の国際教育音楽祭「PMF」(札幌市など)に参加予定だったが、健康上の理由で取りやめていた。
(ニューヨーク=共同)

マゼールはネコパパがクラシックを聞き始めた1970年ごろ「鬼才」と呼ばれていて、新譜が出るたびに話題を呼ぶ人でした。音楽ジャーナリズムの注目度も高かったと思います。
しかし大きな「人気」があったかというと…少なくとも日本では、どうだったのでしょう。
1980年、カール・ベーム最後の来日公演に帯同した指揮者はマゼールで、そのとき彼は、CBSソニーの企画で日本でのレコーディングを行ったのでした。
マゼールの音盤というと、私の頭にまず頭に浮かぶのは、この1枚です。


ベートーヴェンの第5交響曲は、私の地元、完成間もない名古屋市民会館でのライヴ録音です。多くの音楽ファンは、老匠ベームのことしか覚えていないくらいかもしれません…しかしこの録音、録音もすばらしく、演奏も奇をてらわない正攻法で貫かれた、聞き応えのある演奏でした。

マゼール指揮の印象的な盤といえば、これを筆頭に、ウィーン・フィルとの共演盤が並びます。



マーラーの交響曲第5番は、おそらく私が最も多く聴いたマゼールの音盤です。
全曲70分、切々たる「歌」に満ち満ちた、遅いテンポによる演奏で、まるで第4楽章アダージェットの様式を全曲に拡大したような音楽。
マゼールは、今のところ、ウィーン・フィルでマーラー交響曲全集を完成した唯一の指揮者です。当時無名の新人だったキャスリーン・バトルをソロに起用した交響曲第4番も同格の名演奏でした。

60年代初頭、若き鬼才と呼ばれた時代にも、マゼールはウィーン・フィルと多くの録音を残しました。その中で選ぶならシベリウス、中でも交響曲第1番です。


若きシベリウスが生々しい野心を持って曲を書いていた時代の作品と、マゼールの野心が共鳴した…そんな、少し力みを感じさせる演奏ですが、私には魅力に感じました。

以上の盤は、マゼールとしては「正統派」と呼べる演奏でしたが、「鬼才」としての彼の演奏に「何か変わったこと」を期待する向きは多かった気がしますし、彼もまたよく「期待」に応えていましたね。
例えば昨年、シェーンブルン野外コンサートの指揮台に立ったマゼールは、ワーグナーの「ニュルンベルクのマイスタージンガー」前奏曲をクナも顔負けの超絶的スロー・テンポで演奏しました。音盤ではラヴェル「ボレロ」で、一定のテンポのはずのこの曲の終わりで突如大きなリタルダントがかかるのは有名です。
そんな「迷演」のなかで、ネコパパが特に好きなのは、これです。


ドヴォルザークの交響曲第8番。全曲中で最も有名な、舞曲調の第3楽章が、全編ポルタメントを利かせた「泣き節」になっています。この、あまりにもあからさまな歌いっぷり、初めて聴くと面食らいますが、ついまた聴きたくなるのです。

ボスコフスキーのあとを継いで、彼は1980年からニューイヤー・コンサートの指揮台にも何度も上がりました。その最後の機会となったのは2005年。


この回は、2004年に起こったインドネシア大地震の被災に配慮して、恒例の「ラデツキー行進曲」を省略。心なしか沈んだ雰囲気の選曲になっていました。「ウィーンの森の物語」では、得意のソロ・ヴァイオリンを披露。これが彼の「ニューイヤー・コンサート」とのお別れになったことを思うと、感慨深いものがあります。

正直、マゼールは私にとって最後まで「心待ちにする」指揮者ではなかったのですが…ただ一枚、どんな事情があったのか国内盤LPの発売が遅れに遅れ、それだけに期待も膨らみ、やきもきさせられた一枚がありました。
それは、リヒテルと共演した、ブラームスのピアノ協奏曲第2番です。


珍しく会心の笑みを浮かべたリヒテルの肖像、パリ管弦楽団を指揮しての演奏、ということで、一日も早く聴きたいと思った一枚でした。しかし聴いてみると、これが良いのか悪いのか、わからない。そもそも曲も、わからない。
それでは、私のマゼールへの追悼は、この一枚を聴きなおすところから始めてみることにしましょう。
心からご冥福をお祈りします。



関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメント(8)
No title
こんばんは。私がクラシック音楽にはまり出した頃、ロリン・マゼールは「最も精力的に活動していた指揮者」のひとりでした。
1982年にウィーン国立歌劇場の音楽監督に就任したけれど、どたばたで早く辞任した頃か。
ソニーとポリドールをまたにかけて、レコーディングもたくさん出していましたね。
…それなのに、あの頃子供だった私は、マゼールの演奏を時たまエアチェックすることはあっても、まともに聴かなかったっけ。
マゼールの「よい聴き手」にはほど遠かった私ですが、懐かしい巨匠指揮者の逝去を、ただただ残念に思うのみです(うまく書けない)。

SC

2014/07/14 URL 編集返信

No title
こんばんは。
coraさんと同じですが、私がクラシック大好き少年になった中学生の頃(80年台半ば)、マゼールはFMで最も耳にする機会の多い指揮者の一人だったと思います。
中でもボスコフスキーから引き継いだウィーン・フィル・ニューイヤーコンサートのイメージとマーラーのイメージが強いです。
マーラーは80年代のウィーン・フィルのライヴ音源をエアチェックし、何度も聴いていたものです。他には60年代にベルリンでコンサートホールに録音した「第4番」はお気に入りの1枚です。

ポンちゃん

2014/07/14 URL 編集返信

No title
coraさん、こんばんは。ウィーン国立歌劇場を辞任したり、ベルリン・フィル常任の座をアバドと争って敗れ、大いに怒ったり、意外に政治発言も多かったり…話題の多い人でした。でも肝心の演奏となると、ひとつの象を結ばない人でもありました。話によると、本領はオペラだったそうですが、門外漢の私にはなかなか語れない部分です。聞き手としては、これから発見していく人かもしれません。

yositaka

2014/07/14 URL 編集返信

No title
ポンちゃんさん、こんばんは。エアチェックの時代には、たしかに頻繁に登場していました。晩年も精力的で、昨年だけでも111回も指揮したそうです。年齢を考えると、ただ事ではありません。勝手ながら回数を減らし、その分演奏を突き詰めてほしかったという思いもあります。コンサートホールにも、確かに録音していましたね。あらゆるレーベルに録音していた気がします。

yositaka

2014/07/14 URL 編集返信

No title
友人の誰かが、クリーヴランドのシェフになった時にまぜっかえすじゃないかと言っていましたが、一つのところに監督としているのではなく、フリーに活動するタイプの人ではなかったと思います。マーラーをやったり、イタリアオペラをやったりと多彩なレパートリーだったのは魅力がありました。

SL-Mania

2014/07/15 URL 編集返信

No title
SL-Maniaさん、どのオーケストラであっても自在にコントロールする手腕はたしかに凄いものがありましたね。クリーヴランド時代は、硬質で切れのある響きを駆使した録音が多く「英雄の生涯」など、どきりとするような響きでした。そのアクの強さが聴き手を選ぶことになったのかもしれません。私がウィーン・フィルとの盤ばかりを選んでしまうのも、そんなところに原因があるのかも。ウィーン・フイルとの演奏では、彼の個性が幾分やわらげられて出ているようにも感じます。

yositaka

2014/07/15 URL 編集返信

No title
私が最初に買ったクラシックのCDはマゼールの「運命・未完成」でした。これは名古屋市公会堂のライブ録音とのことですがお客を入れての録音だったのでしょうか?(へぇ~ナゴヤで録ったのか!)と思ったものです。

不二家 憩希

2014/07/15 URL 編集返信

No title
不二家さん、名古屋市公会堂ではなく、名古屋市民会館です。今はだいぶ古くなってしまいましたが、当時は音響効果の良さで注目されたものです。もう一曲の「未完成」は、 東京、昭和女子大人見記念講堂での録音で、当時はそれぞれLP一枚という贅沢なかたちでリリースされました。お客を入れたライヴ録音ですが、編集はされているかもしれません。

yositaka

2014/07/15 URL 編集返信

コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

yositaka

Author:yositaka
子どもの本と、古めの音盤(LP・CD)に埋もれた「ネコパパ庵」庵主。
娘・息子は独立して孫4人。連れ合いのアヤママと二人暮らし。

ご訪問ありがとうございます

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR