エンジェルパイロットの物語

話題の映画『永遠の0』をアヤママと二人で見に行きました。



零戦搭乗員の悲劇を描いた百田尚樹のベストセラーを、『ALWAYS』シリーズなどの監督・山崎貴が映画化した戦争ドラマ。祖父の歴史を調べる孫の視点から、“海軍一の臆病者”と呼ばれたパイロットの真実の姿を、現代と過去を交錯させながらつづっていく。
祖母の葬儀の席で会ったことのない実の祖父・宮部久蔵(岡田准一)の存在を聞いた佐伯健太郎(三浦春馬)。進路に迷っていた健太郎は、太平洋戦争の終戦間際に特攻隊員として出撃した零戦パイロットだったという祖父のことが気に掛かり、かつての戦友たちを訪ねる。そして、天才的な技術を持ちながら“海軍一の臆病者”と呼ばれ、生還することにこだわった祖父の思いも寄らない真実を健太郎は知ることとなり……。
 
生き残って妻子のもとに帰還することを第一に考え
空中戦で乱戦になると必ず離脱して無傷で戻る
天才的なエースパイロット…
 
という、およそ現実感のない主人公を、岡田准一が演じています。
彼の言葉遣いは誰に対しても敬語。
部下に対しては、命を無駄に捨てないよう懇願する場面があちこちに出てきます。
顔は細面の美形。兵士の無骨さはみじんもありません。これじゃエースパイロットというより、エンジェルパイロット。
これだけ特異な主人公を設定するからには、彼が「そうなる」までにどのような人生を歩んできたのか、ぜひ知りたくもなります。ところが、なぜかそういう事情には一切触れられることがないのです。
 
でも、映像は凄い。
真珠湾攻撃から特攻まで、現存する資料を読み込み、機体の年式が一機ごとに判別できるくらい、細部まで再現しています。
VFXと呼ばれる、実写とCGの高度な合成。空母の全体これだけはっきりと見たのは初めてですし、あの狭い甲板にゼロ戦が発着する苦労も手に取るようにわかります。



ミッドウェー海戦で空母が攻撃されるところは『俺たちの大和』の血みどろの地獄図には及びませんでしたが、特攻機が次々撃ち落され、粉々になって海に飛び散っていく様子は凄絶そのものでした。
戦争による死の実態を見せつけるこのシーンを見るだけでも、この作品は後世に残す価値があるでしょう。
 
ドラマでの見どころは、むしろ現代パートでした。
宮部久蔵の孫にあたる世代に、橋爪功、山本學、田中泯、夏八木勲らベテラン勢が戦中の物語を伝えていく場面は、さすがの演技力で、若い世代に深い印象を与えるところと思いました。
ただし…「戦争遂行の背景」や「戦争責任」への言及は、避けられているように思います。
伝えられているのは「状況のある一面」と「過剰な情緒」です。

「特攻は自爆テロじゃない」と仲間の法学生に言い募る健太郎。
「九死に一生なら躊躇せず出撃した。しかし特攻はそうではなかった」と述懐する元飛行士。
…など、ひっかかる場面もあります。

これで「感動」して終わってはいけない。
問題意識を持った若い人は、これを出発点として読み、聞き、考えてほしい…そんな感想を持ちました。
 
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

yositaka

Author:yositaka
子どもの本と、古めの音盤(LP・CD)に埋もれた「ネコパパ庵」庵主。
娘・息子は独立して孫4人。連れ合いのアヤママと二人暮らし。

ご訪問ありがとうございます

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR