ワニがリズムを取るひととき


■Everybody Likes Hampton Hawes Vol.3:The Trio / Hampton Hawes
■Hampton Hawes (p)Red Mitchell (b)Chuck Thompson (ds)
■1956.1.25録音
■contemporary

①Somebody Loves Me
②The Sermon
③Embraceable You
④I Remember You
⑤Night In Tunisia
⑥Lover,Come Back To Me!
⑦Polka Dots And Moonbeams
⑧Billy Boy
⑨Body And Soul
⑩Coolin' The Blues

私がレッド・ミッチェルという名を知った初めての一枚。
一曲目Somebody Loves Me 、ピアノとベースがそろって同じ音を弾きながら演奏を開始する。
二つの楽器の音色が溶け合って、ほの暗い、内面的な響きをかもし出す。
ミッチェルは、ホーズの訥々として、どこか内省を秘めたタッチに共感しているかのようだ。

ミッチェルのベースの歌心が遺憾なく発揮されていると感じる。堅実なバッキングをつけながら、ソロに回れば一転して豊かに歌い始めるベースが魅力的である。
そんなミッチェルの長いソロがふんだんに楽しめる一枚だ。
ホーズのピアノはThe Trio シリーズの他の盤に比べておとなしく聴こえるが、バラードやミディアムテンポの多い選曲の性もあるかもしれない。
バラードになると、速く弾きたくて仕方がない彼のじれったさが伝わってくる。そのストレスか、ついアルぺっジョが多くなる。
そんな自分の音楽観が素直に出せる人柄が素敵だと思う。

ジャケットのワニの絵もまたすばらしい。
ときどき訪れる古いジャズ喫茶が、看板として絵柄を使っている。
「手足でリズムを取りながら、ジャズを幸せに聴く気分」をこれほどよく表現しているデザインも少ないだろう。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメント(2)
No title
やあ、ジャズレコードの記事が出ましたね!ハンプトン・ホーズのこのレコード、僕も好きです。
レッド・ミッチェルという人は、yositakaさんが<堅実なバッキングをつけながら、ソロに回れば一転して豊かに歌い始めるベース>と仰るように、その辺の切り替えが見事ですね。そして豊かに鳴ってそうなあのゆったりした唄い口・・・ホントにいいべーシストですね。

>バラードになると、速く弾きたくて仕方がない彼のじれったさが伝わってくる~
これ・・・よく判るような気がします(笑)ホーズってわりと手癖が出る人で、スロウものをじっくり・・・というタイプではないみたいですし(特にこの若い頃は・・・かな。後年、ちょっと雰囲気が変わりますが)
それも含めて<音楽観が素直に出せる人柄が素敵>と言えるyositakaさんも素敵です(笑)

bassclef

2008/08/28 URL 編集返信

No title
早速のコメントがうれしいです。
まずは愛聴盤とも言える大切な一枚一枚を聴き返しながら、自分にとっての意味を綴っていくことにします。
ご期待ください、なーんてね。

yositaka

2008/08/29 URL 編集返信

コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

yositaka

Author:yositaka
子どもの本と、古めの音盤(LP・CD)に埋もれた「ネコパパ庵」庵主。
娘・息子は独立して孫4人。連れ合いのアヤママと二人暮らし。

ご訪問ありがとうございます

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR