DENON君

2年半前に導入したトーレンスのアナログレコードプレーヤー、実はずっと不調続きだった。
 
そこで意を決して、買い替えを決断。
 
まずはトーレンスを処分して、そのお金を元手にして
DENONの中古品を入手しよう。bassclef君の愛用機が実にいい音だったし…
 
で、土曜日の午後、ネコパパが良く出入りしている名古屋大須のH堂に出かけ、事情を説明した。
Nさんという店員の方が丁寧に話を聞いてくださる。DENONは現行の製品もあり、選択に迷うところなんですが、と話すと、
 
「いや、これまでアナログを使っていなかった人はともかく、ずっと聞いてきた方ならば、中古品をお勧めしますよ。
現行品は材質など、同じ価格帯で比べても、アナログ全盛期とはやはり違います。キャビネットの材質ひとつみても、現在なら、これだけ贅沢には作れませんね。
それに、昨今の製品は、修理しながら使い込む、という発想がありません。アナログはそれが大切なんですよ」
 
そこでいくつかの製品を見せてもらい、試聴もして、予算的にどうにかなりそうな選択をした。
 

 
bassclef君の愛用機とほぼ同じ時期の製品だが、あの重量級の名機ではなく、ミドルクラスの普及品。
 
本来、カートリッジは付属しない製品らしい。
シュアーM44という、広く普及しているMMカートリッジを付けてくださるというのだが、
多少の追加予算で、DENONDL103に変更可とのこと。これは同社とNHKが放送用に開発した、歴史と定評のある製品とのことだ。
聞かせてもらったが、MCカートリッジとは、なかなか面白い、繊細な音がするものだと思った。これを選択することにした。
 
トーレンスの処分費と差し引きで、わずかな出費で済んでしまった。
 
さて、自宅で聞いてみると、店の試聴ではあれほど快調に思えたのに
なぜか針が進まない。盤に落ちているのに前進しない。針圧を変えても駄目である。
 
あわててNさんに連絡、携帯電話をスピーカーに近づけて、行きつ戻りつする針音を聞いてもらうと、
「では、明日おじゃまします」
翌日、日曜日の午前、拙宅まで1時間以上の道のりを飛んでこられたのだ。
1時間ばかりあれこれチェックしたが、うまくいかない。
「一度預からせてもらえますか」
と、持ち帰ってしまった。
 
午後、連絡が入る。
問題はアームの高さの調整とリフターの部分で、故障ではなく調整不十分だったとのこと。完了したので今日中に届けるという。
夕刻6時過ぎに到着。今度はまったく問題なく動いた。
 
それにしても、一日二往復、それも近頃やたらと工事の多い国道1号線を通って、5時間強の移動である。
「いや、こちらの責任ですので…」
といわれるが、小口の客に対してこの迅速な対応は、近頃あまりないプロの仕事ではないか…と、ネコパパは感心してしまった。
 
さて、このDENON君は、これからどんな音を出してくれるのか。
 
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメント(4)
No title
こんにちは
これはDENONのDPー80ですね
私は同じものを約28年愛用しています
(アームはSAEC-308SX,カートはDLー103です)
一度だけサーボが狂いましたが、以後ノートラブルです
いい音を出してくれるといいですね

パスピエ

2011/11/28 URL 編集返信

No title
いえ、いえ、それよりも普及型の一体型DP-55Lです。
パスピエさんのDPー80は、ターンテーブル単体を専用キャビネットに収納するタイプで、それこそ名機として有名。
拙宅は手狭で、55Lを収めるのがやっとなんです。最近はCDばかりになっていましたが、LPもしっかり聴いてエージングを進めていこうと思います。

yositaka

2011/11/28 URL 編集返信

No title
sigeです。yositakaさん決断されましたね。先般のbaseclefさんへの訪問時、結構熱心に見ていたのは、こういう結果になったのですね。DL103は、素直な音、バランスがとれ暴れない音、個性的ではないけれど、飽きずにレコードの素の音が聞け、基準にさえなる音で、よく覚えています。針圧は2.2から2.5のあいだで当時やっていました。これからの試聴記、楽しみです。

toy**ero

2011/11/28 URL 編集返信

No title
sige君、そういう結果になっちゃったのです(笑

いくつか聞いたところです。「アッという間に生きかえる」とまではいきませんが、
情報量が拡大し、無理なく音が出る印象で悪くありません。
ぜひ聴いて下さい。

yositaka

2011/11/28 URL 編集返信

コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

yositaka

Author:yositaka
子どもの本と、古めの音盤(LP・CD)に埋もれた「ネコパパ庵」庵主。
娘・息子は独立して孫4人。連れ合いのアヤママと二人暮らし。

ご訪問ありがとうございます

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR