EU、音源著作権保護期間を延長

こんなニュースです。

レコードにおける実演の保護期間を延長するEU指令が採択

去る9月12日、欧州閣僚理事会は、レコードに固定された実演の保護期間を、実演後50年から70年に延長するEU指令を採択した。

EUでは、加盟国の著作権及び著作隣接権の保護期間を調和するために、実演の保護期間を実演後50年とする保護期間指令が1993年に採択されていた。今回の指令は、この保護期間指令を改正するものである。
これにより、加盟国は、今回の改正指令の内容を2014年までに国内法に反映させる必要がある。
 
 
 
著作隣接権の消滅に伴って、数多くの放送録音やライヴ録音が日の目を見るようになって来ました。それは、歴史的録音の愛好家にとってはまたとない福音でした。
しかし今回の改訂によって、再び「人類の宝」の数々が日の目を見なくなってしまう心配が出てきました。
採算を度外視して、丹念な職人作業で復刻版を製作していたマイナー・レーベルなども、深刻な打撃を受けることになりそうです。
 
たしかに著作権の保護は大切だし、著作者にとっては当然の権利でしょう。
 
しかし、一定の期間を経、利益も十分に回収したものは「人類の共有財産」として自由に使用できるという思想も、同じくらい大切な思想です。
復刻レーベルの中には、原盤保持社以上の音質を確保しているものも少なくないし
採算が取れないとして、権利者が発売しない価値ある音源を供給しているところもある。
もちろん、すべてが良心的とはいえない場合もあるのは確かですが…さて、日本ではどうなるのでしょう。
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

yositaka

Author:yositaka
子どもの本と、古めの音盤(LP・CD)に埋もれた「ネコパパ庵」庵主。
娘・息子は独立して孫4人。連れ合いのアヤママと二人暮らし。

ご訪問ありがとうございます

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR