パソコンからオーディオに音出し

しばらくItunesを経由してIpodに音源をためる遊びを楽しんでいる。
もうすでに300枚近くエンコードしてしまった。
 
手持ちのCDプレーヤー、DENONの1650SEは、Ipodから出力できるUSB端子がついていて、
これで聴く音は、量感には乏しいが。粒立ちがよく柔らかめで、耳に心地よい音。
さらりと聞き流すなら、いい音だな。
 
ではPCに接続したらどうだろうか。
残念ながらこのUSB端子は、IpodとUSBメモリ専用で、PC接続はできないのだ。
1650SEに搭載しているDACとクロックを生かすなら、
光ケーブルか同軸ケーブルを使って、デジタル信号を直接送り込む必要があるのだが
それには、USBを同軸または光に置き換えるDDCと呼ばれる機器が必要らしい。
 
ちょっと検索してみたが、これにもピンからキリまであるようだ。今のところこれに多くの投資をする気持ちはないのだが、
各社ともPCオーディオには商機ありと考えているのか、なかなか高価な機材が出回っている。
ネコパパの経済感覚では、5桁は出せない。
片手も高い、という気分。
ネコパパは何事もソフト優先で、機材はとことん安くいきたい方なのだ。
 
…と、ある記事が目に付いた。
 
これは、もしや、その機材では。
うーん、2980円。安いのかも。

USB-DDC【USB → Coaxial(同軸)】
HA INFO USB to COAX Converter
翌日、届く。
つなぎは簡単。音はすぐに出た。
しかし。
スピーカーから出てきたのは、高音よりの腰高シャカシャカ音。
うーむ、やはり値段だけのことはあったか…Ipodの音は快適だが、価格はやく10倍だものなあ…
 
でも、1時間ほど音源をとっかえひっかえ聞いていると、
なんとなくだが落ち着いてきた気がする。
最初にたまたま聞いたシューマンのピアノ協奏曲(ブレンデル)を聴いても、だいぶましな音。
しばらくエージングすると、多少は改善されるかもしれない。
 
また、おじさんの遊びのネタが増えてしまった。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメント(2)
No title
大震災や原発事故に気をとられて音楽どころではないのですが、
それでも情報収集の合間に、PCに取り込んだ音源を上記の方法で少しずつ聴いています。
腰高の感じはだんだんと収まってきました。
しかし、この機器を通してのPC直結の音は、
ipod経由に比べて音圧が高く、きつめの感じはあります。トーンコントロールで少し低音を上げると、程よい音になりそうです。ジャズでは、あまり苦になりません。
骨太のジャズをならし続けているうちに音がこなれてくるといいと思っています。

yositaka

2011/03/16 URL 編集返信

No title
先日友人二人と聞き会を行いました。
そのとき、このシステムを使ってYOU TUBEなどから音出しをしてみました。
音源の状態によって差はあるものの、
なかには
「これほど高音質なのか」
とおどろくようなものもいくつかあって、
PCからのデジタル出力というものも、なかなかの威力を持っているなと感じました。
あまりに手軽に多数の音楽が聴けるために、
ついついLPやCDをターンテーブルに乗せるのが億劫になってしまうほどです。
しかし
これはけっして良いことばかりではないという気がします。
自ら音楽を創り出さないものだからこそ
すこしでも「手間をかける」ことこそが音楽という財産とそれを生み出している人々への礼儀だと思うからです。

yositaka

2011/04/10 URL 編集返信

コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

yositaka

Author:yositaka
子どもの本と、古めの音盤(LP・CD)に埋もれた「ネコパパ庵」庵主。
娘・息子は独立して孫4人。連れ合いのアヤママと二人暮らし。

ご訪問ありがとうございます

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR