行きました。日本児童文学学会

日本児童文学学会第49回研究大会にいってきました。
1113日、14日の両日、大阪府の梅花女子大学にて開催されました。私が出向いたのは14日です。


無理して時間を作ったのは、神宮輝夫氏の講演「リアリズムの実験」が企画されていたからです。「季刊飛ぶ教室」に掲載された、刺激的な論文と同じテーマ!これは直にお話を聞かなければ、と思ったわけです。
はたして、聴きごたえのある講演でした。
 
もちろん、日本唯一の専門学会の研究発表も幅広く、興味深いものばかりで
午前9時から、午後6時まで、濃密な「児童文学の時間」を過ごすことができました。
質問・発言も遠慮なくさせていただいたので、怪しい人物と思われたかもしれませんが…
 
日本児童文学学会 第49回研究大会

日時――― 20101113日(土)~14日(日)
場所――― 梅花女子大学

11/13
 梅花女子大学 茨木キャンパス D棟 (惜しくも不参加)

■13:00
13:30 開会式・学会賞授与式
■13:30
14:20 総会
■14:30
15:30 研究発表
■15:4017:40 シンポジウム「子どもと本を結ぶ社会文化的環境を求めて」
           田中泰子(大阪外国語大学名誉教授)
           土山和久(大阪教育大学准教授)
           松山雅子(大阪教育大学教授)
           コーディネーター 畠山兆子(梅花女子大学教授)

11/14
 梅花女子大学 茨木キャンパスD棟 ★の発表に参加
 
■ 9:3012:00  研究発表
・「クラパート」研究-「魔法使いとその弟子」類を比較を中心に
・翻訳者たちが見る青い鳥像 
・ジャングル・ブックにおける動物描写とダーウィニズムの関係
・エクトール・マロ原作 五来素川訳『まだ見ぬ親』の研究
・精選と洗練の産物―「教養」追求からみた「岩波少年少女文学全集」
・石森延男編「満州文庫」文学篇の研究
・日本の母と子の物語、韓国からの視点で読む―山中恒『ぼくがぼくであること』、花形みつる『ぎりぎりトライアングル』を中心に―
・民国期中国における小川未明作品の翻訳需要について
・占領下の没収児童図書をめぐって―GHQによる宣伝用刊行物の没収
・現代児童文学における「場」が持つ役割とは
・ライトノベルにおける「権利義務主体」としての意思
・河合雅雄の動物記シリーズの現代性
・「絵本」という名の多様なメディア―「手段」となった絵本観―
・堀内誠一と絵本

■13:0014:20 講演 「リアリズムの実験」 神宮輝夫氏(青山学院大学名誉教授)

■14:30
15:30 研究発表
・近代日本文学の子ども向け改編における「論理」と「倫理」―福田清人編『坊っちゃん』の場合―
・イソップ寓話「犬とその影」の変容と寓意性―明治期に出版された翻訳本を中心に―
・南洋一郎『咆える密林』に関する一考察―翻案した原典資料とテキスト改訂を中心に―
・『コタンの口笛』発表当時の反響―石森延男スクラップから―
・前川かずお『絵巻えほん・川』の源流をさぐる
・明治期児童雑誌『ちゑのあけぼの』の成立ー挿絵の比較を通して―

■15:40
17:30 ラウンドテーブル
A会場 『少年世界』の総合的研究―『少女世界』創刊の影響―
B会場 「イソップ寓話」をめぐって―日英仏の絵本比較から―
 
展示1 D棟4階D402教室 「大阪国際児童文学館の25年展」
主催:梅花女子大学・展示実行委員会 共催:財団法人大阪国際児童文学館、大阪国際児童文学館を育てる会
展示2 梅花女子大学図書館3階 「梅花女子大学・児童文学教育と研究28年の歩み」
・歴代学科教員・卒業生の著作・児童文学コレクション(ちりめん本、関西関連資料など)
・共同研究「イソップ」関連資料、他
展示3 A棟1階A102(絵本展示室)・学生会館「梅花女子大学児童文学科学生制作絵本展」
 
個々の内容について、次回より報告します。どうぞみなさん、お楽しみに。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメント(2)
No title
児童文学科のある大学ということで、かつて学校訪問をしたことのある大学。そんなことはともかく、老境にお入りになった神宮氏がどのような(過激な?)ことを述べられたか。楽しみに待っています。yositaka氏もたいへんでしょうが、レポート、がんばって書いてください。楽しみです!

toy**ero

2010/11/19 URL 編集返信

No title
神宮輝夫さんとは、講演後少しお話をすることができました。
「飛ぶ教室」掲載論文での大胆と思えるような発言も、目論見があってのこととわかり、また70年代に多く出された長編についても貴重な御意見を伺うことができました。
ほんとに貴重な一日でした。しっかり報告したいと思います。

yositaka

2010/11/21 URL 編集返信

コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

yositaka

Author:yositaka
子どもの本と、古めの音盤(LP・CD)に埋もれた「ネコパパ庵」庵主。
娘・息子は独立して孫4人。連れ合いのアヤママと二人暮らし。

ご訪問ありがとうございます

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR