名曲カフェ・エグモントで蓄音機コンサートを開催予定。

PErbxkL5_400x400.jpg
2022-08-22.png
名古屋市千種区の高台に建つ名曲カフェ・エグモントにたびたび出かけ、素敵な音楽の時間を過ごしているネコパパ。
当店の音楽室がレンタルスペースとして利用できることになりました。
そこでmackieさん、IWさんと立ち上げた「SP倶楽部78」の主催企画として、蓄音機コンサートを開催することになりました。開催日は2022年10月15日(土)です。


会場は、同店奥にしつらえた「音楽室」。
wp-1651998396029264452177272489562-scaled.jpg
先日mackieさんと打ち合わせに行き、ネコパパ宅から持参したポータブル蓄音機Columbia212を鳴らしてみました。
試聴した曲目です。

「美しきロスマリン」(クライスラー) ユーディ・メニューイン(ヴァイオリン)
「インドの歌」(リムスキー=コルサコフ) フリッツ・クライスラー(ヴァイオリン)
「聞け聞けひばり」(シューベルト) エリザベート・シューマン(ソプラノ)
「ジョスランの子守歌」(ゴダール) フルダ・ラシャンスカ(ソプラノ)
「カルメン」前奏曲(ビゼー) レオポルド・ストコフスキー指揮フィラデルフィア管弦楽団

オーケストラ曲は1927年の録音だし、さすがに音圧不足でしたが、ヴァイオリンや歌は鮮明な上に艶も乗って、とてもいい聴き心地です。音量も申し分ありません。お客様が20人はいると、いくらかはデッドになると思いますが、この音なら大丈夫でしょう。
当日はmackieさん所蔵の卓上型蓄音機Victor vv1-90をメインに使用し、212はピンチヒッターに回ってもらおうと思っています。
w1058635058_20220828110856494.jpg
この時間は営業時間だったので、ひとりおられたお客様に了解をとっての試聴でしたが、十分にご満足いただけたようです。

打ち合わせで再検討して完成したチラシです。さっそく昨日から「チラシ配り」を始めました。
エグモントチラシ
そしてこちらが、プログラム。
曲目はとりあえずのもので、変更するかもしれません。
誰でも知ってるクラシック エグモント蓄音機コンサートプログラム _page-0001



関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメント(4)
蓄音機の夕べ
日本におれば遠路を問わず見に行きたいような催し。
ナイスですね。

Y-XYZ

2022/08/28 URL 編集返信

無いものねだり
ネコパパさん

お誘いありがとうございます。
店名「エグモント」の劇音楽にちなみ歌劇、歌曲からの選曲ですね。
SPなのでベートーヴェン唯一の歌劇「フィデリオ」や歌曲がないのが少し残念ですね。
音楽室でVictor vv1-90が、どの様に歌い演奏してくれるか楽しみにしています。

チャラン

2022/08/29 URL 編集返信

yositaka
Re:蓄音機の夕べ
Y-XYZさん
ありがとうございます。常連仲間だけでなく、はじめて蓄音機の音に触れるお客様を一人でも開拓したいと思っています。機会ありましたらご帰国の折にでも。

yositaka

2022/08/29 URL 編集返信

yositaka
Re:無いものねだり
チャランさん

そういえばベートーヴェンの曲がありません。彼は大曲中心の人なので…「エリーゼのために」はシュナーベルのSPが欲しいですね。あとは「トルコ行進曲」とか「メヌエット」とか。序曲や「ロマンス」も、2面にわたってしまいますから、こういう時にはなかなか。

yositaka

2022/08/29 URL 編集返信

コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

yositaka

Author:yositaka
子どもの本と、古めの音盤(LP・CD)に埋もれた「ネコパパ庵」庵主。
娘・息子は独立して孫4人。連れ合いのアヤママと二人暮らし。

ご訪問ありがとうございます

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR