「現代の国語」に「羅生門」はNG? 

こんな記事が。朝日2021年9月12日(日)
IMG_20210913_0001.jpg

朝日新聞デジタルには半分くらいしか掲載されていない。余談ながら、中日新聞の場合は紙の新聞購読者はデジタル版も読めるのだが、朝日にはそうした配慮がないのは残念なことだ。とりあえず出ている部分から引用。

「現代の国語」に「羅生門」はNG? 高校教科書めぐり起きた波紋
伊藤和行、編集委員・氏岡真弓2021年9月12日 14時00分

来年度から高校の必履修科目となる「現代の国語」の教科書に、ある教科書会社が「羅生門」などの小説を載せ、物議をかもしている。同科目では「文学的な文章は除く」と学習指導要領の解説で示されたが、五つの小説を載せた教科書が検定で合格。ライバル社が「疑義」を呈した。文部科学省のあいまいな結論にも批判が出ている。

高校国語ではこれまで、主に1年生で学ぶ必履修科目の「国語総合」(4単位)で、小説を含めた現代文の分野と、古典の分野を教えてきた。だが、来年度からの新学習指導要領に伴う科目再編で、必履修科目は「現代の国語」(2単位)と「言語文化」(同)に分けられる。

■文学的文章除くはずが…1点は検定合格

「現代の国語」は読む教材に、評論文など「現代の社会生活に必要とされる論理的な文章及び実用的な文章」を載せることとしている。指導要領の解説では「小説、物語、詩、短歌、俳句などの文学的な文章を除いた文章」と説明する。一方、「言語文化」では「古典及び近代以降の文章」とされ、小説や随筆、漢文・古文などを扱うこととされた。

ところが、今年3月にあった教科書検定で第一学習社(本社・広島市)が申請し合格した「現代の国語」の教科書4点のうち1点に、五つの小説(芥川龍之介の「羅生門」、原田マハの「砂に埋もれたル・コルビュジエ」、夏目漱石の「夢十夜」、村上春樹の「鏡」、志賀直哉の「城の崎にて」)が載った。文部科学省によると、他の3点や、検定を通った別の教科書会社7社の計13点に小説は掲載されていない。
2021-09-13.png

芥川龍之介の「羅生門」が載った第一学習社の「現代の国語」の見本本

これに対し、高校で使う教科書を決める一部の教育委員会から文科省に「小説が載っているが採択してもいいのか」などと問い合わせがあった。8月13日には、教科書会社約40社でつくる一般社団法人教科書協会が文科省に「指導要領の規定との関係で、発行者間で疑義が生じている。見解を明らかに」と求めた。



「来年度からの新学習指導要領に伴う科目再編」で、高校の国語科が大変なことになりそうだ、という話は、ネコパパも耳にしていた。特にインパクトがあったのは、日本児童文学学会、イギリス児童文学会合同例会(2018年11月)で拝聴した、広島大学・難波博孝教授の講演である。その内容は、文学好きのネコパパにとっては憂慮すべきものと思えた。

ポイントの一つは、従来国語教育の定番であった「近代文学」を選択制にする、という形で実質文学作品をマイナーな場所に置き、国語とは実用文であるという観点で教科の再編成を行うというものだ。大学入試に文学は出なくなる、さすれば文学研究という学問自体の基盤も危うくなる…

そんな危機感を抱いたのか、ある教科書会社が、実用文で行くべしと指導要領に規定された「現代の国語」の教科書に、近現代の文学作品を掲載した。
教科書は、検定を通った。
これに慌てた一部の教育委員会や教科書協会が、文科省に問い合わせたところ「こういうことは想定されていないが、一切禁じるというわけではない」という、いかにも役人らしい返答。
この第一学習社という出版社は「文学作品を扱いたい」という現場のニーズが強いことを知り、不合格を覚悟でチャレンジしたという。そして皮肉なことに、目下、東京都では最多の採用率になっているという。

一方、文科省の「指示」通りに、文学教材を排除して編纂した他社は、忸怩たる思いで、文科省に「基準の徹底を」と批判しているようだ。
けれどこれってどうだろう。文学好きのフィルターがかかっているとしても、ネコパパには、みんな揃って、お上に圧力をかけさせようとしているように見える。
「それならうちだって入れたかった」「二枚舌」…って、出版人として情けない発言ではないかな。本来、各社の責任で自由に行うべき編集権を放棄して「検閲」を歓迎するようなものに思えるからだ。
指導要領は尊重するとして、学校現場の意見にも耳を傾け、教師や生徒たちに何が必要なのかを考えて、独自の教材選択をする。これこそ、文科省が口を酸っぱくして言っている「主体的・対話的な深い学び」の実践ではないかという気がする。学習者にそれを求めるならば、教科書をつくる側もそうするべきではないか。

これまでのような、役所に忖度した、似たような教科書ばかりでは、国定教科書と何も変わらない。各社とも現場の意見を生かし、オリジナリティのある編集で、多様な教科書を生み出してほしい。実際、学習指導要領の本文というのは簡潔で、切り詰められた原則を示したものであり「拡大解釈」の余地は意外に大きいのである。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメント(8)
これは面白いです。
十分理解できたわけではありませんが、これは興味深い話題のご提供に感謝、です。

> みんな揃って、お上に圧力をかけさせようとしているように見える。
> 編集権を放棄して「検閲」を歓迎するようなものに思えるからだ。
実におっしゃるとおりだと感じます。

ここに、私たち日本人が長くそこに生きてきた、〈「平等」と「公共」への意識〉の現われを、まざまざと見る思いがします。
「(同業の/同環境の)アイツだけなんで違う処遇なんだ!」が、我われの社会における「公正」の基準なんですねえ。
コロナ禍下での、補償などの問題も、こういうレヴェルで軋轢と不平等感を助長する。生活保護受給への憎悪も、この感覚の延長です。

「アイツが貰えてるのに、オレは貰えない!」という怒り。そこに「公憤」があることはあるが、他方、オリンピックの招致・開催・後始末に何兆円かかっても、いっさい問題にしない ― ちょっと極論ないし牽強付会のように見えますが、ここが我われの「公共」意識の問題かと思います。‥‥かなりハズれましたが;;。

また、ご紹介になる、難波氏の論の中、(超-乱暴にまとめますが)
「大学入試に文学作品が出ないとなれば…文学研究者の根拠地としての大学のあり方も変容せざるを得な」くなり、「文学研究で生計が立たない世の中になれば、研究者はいなくな」る、というロジック展開にも、「オレたちの業界は、文科行政+大学入試で保証されるんだ!」ふうなものが感じられて、「本来、研究者・研究者集団の責任で自由に行うべき研究と教育へのアプローチ」(← 「本来、各社の責任で自由に行うべき編集権」を勝手に編集しました;; )を「放棄」するがごとくにさえ読み取れる、ように感じます。

大学入試に説話文学が出るから、説話文学会や中世文学会、あるいは仏教文学会が存立しえている…はずでは、間違ってもありますまい(← あ、この3つ、全部退会しましたけれど;;)。
大学入試に音楽学がなければ、音楽学・音楽史研究が消滅するなら、とおに古楽研究者など消し飛んでいるはずです。

うむ~、なんだかハズし過ぎてすみません m(_ _;)m。
ハズしついでに ― 私は、「従軍」ハズしの「閣議決定」のほうが、注目すべきコワ過ぎるニュースだと感じております。

へうたむ

2021/09/14 URL 編集返信

yositaka
Re:これは面白いです。
へうたむさん
「平等」と「公共」、「公憤」と「私憤」の領域にまで話が及ぶと、わが国のもつ「公共」「平等」意識の特殊性まで言及せざるを得ませんが、そこまでは話を広げません。ただ、本件はこの特殊な意識が生み出す「横並び至上主義」の綻びが、思わぬところから露呈したものと思った次第。

正直、「不合格覚悟で検定にチャレンジ」するような教科書会社があらわれようとは、全く予想していなかったし、それが検定をパスするなんて、驚き以外の何のでもありませんでした。
一度空いた穴は、現場の要望や声、なによりも採択の多さによって、塞がれるのを食い止めることが可能ではないか、と思います。メディアの仕事は、これについてもっと市民、特に学習の主体である学生生徒の声を集めることでしょう。

>「現代の国語」に「羅生門」はNG? 
なんて見出しを今頃つけて…と、メディアの認識不足を嗤うことも可能ですが、これは庶民の意識を代弁しているとも読めます。「そんなことがあるのか」「それはおかしい」という意見が高まることを期待しています。

yositaka

2021/09/14 URL 編集返信

清水義典『大学入試国語問題必勝法』
題名うろ覚えですが、こんな小説がありました。大学受験生で国語の出来が悪いのに家庭教師が付くのですが、これがなかなかな家庭教師でして。
ネコパパさんもお読みかなとは思いますが、この家庭教師の論にはいろんな入試問題を突破するための法則がありまして、たとえば長短除外の法則とか。
選択肢の中で一番長いのと一番短いのは正答率が低いから除外するという法則。
等々、いちいち解答のツボを伝授するんですが、それって文学の丁寧な読み方からすると一番外れているのだけれども、大学入試問題の現代文の文章の流れの傾向と対策を立てるという意味では、意外と正道かなとも思って読んでいたのですが、しかし、これはパスティーシュ小説。パスティーシュです。
しかし、この家庭教師の説が所謂「文学的な文章」に対して「説明的な文章」を教える一番下手な方法かと思うのです。教師が教える楽な「説明的な文章」教授法です。
(今回の新学習指導要領では文章を「文学的な文章」「説明的な文章」という二分法で説明しまくっていますね)。
理想的な「説明的な文章」の教授法は「論理学」の読み方を適用すればよいのでしょう。これについては今年の春に『日本文学』(日本文学協会)の月刊誌に野矢茂樹という方がのシンポジウムの発言記録が紹介されていました。隣人氏はこれを「虚心坦懐に」読んでみようと学生にコピーして配り、授業したそうですが、理想は分かるんですが隣人氏の「虚心坦懐に」という物言いは文学的でしたな(小林秀雄が好きって言っているようなもんです)。ちなみに野矢氏は論理を教授せよ、感動を伝えるな、基本的に文学無用です。独善な教師がよくやってしまうじぶんの感動の押し売り批判でして、しかしこれは当たり前のことでしょう。だって生徒児童はしらけるだけですもん。
今回の新学習指導要領の眼目は、日教組の独善的な煽情的な文学的な授業に業を煮やした某国の前宰相周りの文教族が「論理的」だと思い込んでいる自分たちの論法を世に広めんとして国語科の内容を「論理的な文章」一辺倒にせよと指示しているのではないか、と蛙は密かに蛇推しておりますが、おそらくその結果は、日本中に清水流の大学入試国語問題必勝法的教育が蔓延することでしょう。残念ながら悪貨は良貨を駆逐するんです、教育現場では野矢的論理法は絵に描いた餅です。というだけでなく、宰相の論法(=ご飯論法)と論法を共にする政治屋辺りは、誠実に「説明的な文章」教育が論理学的に正確に行なわれた場合に、ブーメラン! としてじぶんたちの論法に批判が返ってきて、じぶんの立ち位置が危うくなることを感じて(論理的に結論づけるのではないです、野生動物的カンです)、この改革は自滅的な挫折をするだろうとますます蛇推しています。
それより以前に、教育現場では何でもかでも教科用図書教材にばかり縛られているのではないですから、自主教材としていままでの文学教材がたくさん使われていくことと思います。だってお墨付きがついたのです。小説も「論理的な文章」だと。
「事実は小説よりも奇なり」と申しますが、言い換えると「説明的な文章は文学的な文章よりも文学的(虚構)だったりもする」んです。日本近代文学史を見ると、文学作品は極めて論理的な主張の発露となっていました。それゆえに漱石の「私の個人主義」なんてのもあれば、最近ではインテリげんちゃんやハルキさんのエッセーが話題にもなるんで。
論ずるに足らないご飯論法さえも立派な論だと言い張ろうとする、もしくは沈黙は菌もとい金とばかりに説明しないポピュリスト政治屋さんにとっては、かなり都合の悪い結果になることが目に見えるようです。これは予言です。

シュレーゲル雨蛙

2021/09/14 URL 編集返信

ほほぉと思いました
記事中にある第一学習社の説明『これらの小説は「読む教材」ではない』というところに尽きるのでしょう、同社のページには、問題の「現代の国語」(令和4年度用)のダイジェスト、シラバス案などが掲載されているので、内容が大体掴めます。なかなか面白いです。
https://www.daiichi-g.co.jp/pr/tb/3/31
例えば、「羅生門」では「老婆の論理」がテーマ、「夢十夜」では夢判断の根拠を問う、とこうなっています。つまり「文学的な文章」を味わうのではない、というスタンスですね。これはこれでうまくできているなぁと思いました。同時に、最近の国語の教科書って、ずいぶん緻密にできているんだなと一驚。(笑)

みっち

2021/09/14 URL 編集返信

拍手!
こんにちは。

>「それならうちだって入れたかった」…って、
> 出版人として情けない

まさにこれですね。教科書会社も商売ですから,売れた方がいいことはわかりますけど,「将来を担う若者のために,こういうものを作りたい」という気概がほしいですよね。妥協するのはしかたのないことですが,理想を高く掲げて,妥協する場合にはしたたかにやってほしいです。

教師にしても,「これが教えたい」というものを持っている人がどれだけいるかも気になります。教科書と受験がなくなったら,教えることがなくなってしまう人もいるのではないかと思います。

枠組みに合わせて行動することも当然ありますが,若い人には「これがやりたい」という気持ちを優先し,枠組みはそれに合わせて作る,くらいの生き方をしてほしいと思っています。願わくば,社会全体にそういう生き方をする人が増えてほしいです。

リキ

2021/09/14 URL 編集返信

yositaka
Re:清水義典『大学入試国語問題必勝法』
シュレーゲル雨蛙さん
『大学入試国語問題必勝法』読みました。一人でも多くの人に読んでほしい「文学」であり、どんな「説明文」よりも説得力と示唆に富んでいると思います。

「ご飯論法」というものがあるんですね。
2018年に作られた、法政大学の上西充子教授の造語だそうですが、言い得て妙、いや絶妙。これからあちこちで使わせてもらおうかな。人間国の現リーダーたちに、これほど当てはまる言葉って、ないですね。
そんな人たちが「説明的な文章」の重要性を説く、なんと笑止千万な事態でしょうか。このような体制は、時がたてば必ず瓦解すると、ネコパパは信じて疑いません。心ある教科書の出版人たちも、内心では理解していると思います。「背に腹は代えられない」だけなのです。ここは社員を生き延びるためにやり過ごす方便。涙を呑んで忖度しているのでしょう。

しかし、問題なのは、瓦解の時が来るまでの間も、子どもたちは続々と学校教育の場に送り出され、そこで成長しなければならないということです。子どもの時間は、大人よりもずっと短く、それだけに何倍も大切です。「失われた子ども時代」なんて、あっていいはずがない。
現場の教育仲間たちは、そうとうに頑張っています。指導要領を相対化し、拡大解釈で切り抜け、自主教材を適宜取り入れたりしながら、子どもたちに向かい合っているのですが、なかなかその努力は一般に伝わっていないし、現場を知らない研究者との齟齬も大きい。埋めなければいけない溝はあちこちにあって、その深さも、なかなか深いと思います。

「説明的な文章は文学的な文章よりも文学的(虚構)だったりもする」そして、その逆も事実。大事なのは、世の中の人が「文学」を大いに楽しみ、その「実学」としての価値を実感すること、それを次の世代に伝えていくことでしょう。60年代のような教養主義がトレンドとなる時代はなかなか来ないでしょうか、突破口はある。第一学習社のゲリラ作戦が社会に波紋を産めば、そこからも可能性が生まれます。個人的にも、そのための地道な取り組みを、続けていきたいと思います。

yositaka

2021/09/14 URL 編集返信

yositaka
Re:ほほぉと思いました
みっちさん
「読む教材ではない」と言い切ったことが検定通過にどれだけの効果があったかはわからないのですが、教育関係で飯を食っている人たちの「ゲリラ戦某」がどのようなものであるかがうかがえる良い資料ではないかと思います。
第一学習社の提示する「羅生門」分析の観点は一見、「論理」や「根拠」を考える実用文のような切り口になっていますが、文学研究の人から見れば「これぞまさに読みというものだ」というかもしれない。
でもそこを教育用語では、言葉の使用のさじ加減で「読み」ではないと言い張ることもできる。現場ではこれを専門用語といいますが、要は、狭い世界で通用する符丁なわけです。緻密といえばそうかもしれませんが、学問的厳密さからは遠いといわざるを得ません。そして実際の授業では、教師はそういう緻密さにはあまり注意を払わず、現場の論理で実践しているわけです。

yositaka

2021/09/14 URL 編集返信

yositaka
Re:拍手!
リキさん
>理想を高く掲げて,妥協する場合にはしたたかに
まさにそれですね。第一学習社はその点、したたかだったと思います。できれば一社だけではなく、もうニ、三社出てきてほしかったところですが。
>教科書と受験がなくなったら,教えることがなくなってしまう人もいるのでは
いやあ辛口ですねえ。これをあながち否定できないところが、40年現場にいたものの辛いところです。
でも、教師は多種多様、同じ指導案で授業をやったって、まるで授業内容が違ってくるのが学校という場です。ネコパパのようなダメ教師だって「人間いろいろだなあ」と知ることで有益(?)となるのです。
>「これがやりたい」という気持ちを優先し,枠組みはそれに合わせて作る
そうですね。子どもにはそう教えたいし、そのためには自分もそうでなければいけないと思っています。ただ「枠組み」というのも、できるだけ広くとらえることが大事ですね。モーツァルトがあれだけの天才を発揮できたのは、ソナタ形式という枠組みがあったからかもしれません。

yositaka

2021/09/14 URL 編集返信

コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

yositaka

Author:yositaka
子どもの本と、古めの音盤(LP・CD)に埋もれた「ネコパパ庵」庵主。
娘・息子は独立して孫4人。連れ合いのアヤママと二人暮らし。

ご訪問ありがとうございます

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR