昔はこうだったとしても…

徳岡直樹氏のYOUTUBEで、フルトヴェングラーの「英雄」交響曲の総括がはじまって、大変興味深く視聴している。
このベートーヴェンの交響曲第3番「英雄」(徳岡氏によれば「英雄的」)は、話題が出るたびに聴き返したくなる魅力作で、これだけ繰り返して聴くに足る音楽というもめったにないだろう。
ネコパパ架蔵のフルトヴェングラー盤も少なくないが、聴いてみたのはこの1952年12月8日盤。tahra原盤、Altus制作によるLPだ。
TALTLP033.jpg
1952年、フルトヴェングラーとベルリン・フィルがベルリンで奏でた「英雄」は12月7日と8日に演奏され、いずれも録音が残されている。これは2日目でRIAS放送収録。
フルトヴェングラーの「英雄」というと、ネコパパはウィーン・フィルとの1944年盤、所謂「ウラニアのエロイカ」を聴くことが多いが、融通無碍な44年盤に対してこの52年盤は音がずしりと暗く、重々しい迫力に満ち、オンマイクの録音がそれを生々しくとらえている。
第1楽章冒頭 の一撃から部屋の空気圧が一気に高まるような印象。この指揮者によくあるような「だんだんと熱気や緊張が高まる」演奏ではなく、全曲に一貫した気力が充満している。それでいて、不思議とストレスがなく、らくらくと聞き進むことができる。勢いに任せたところがなく、第4楽章コーダの締めくくりで、四分音符と八分音符の弾きわけがしっかりと意識されているのも、指揮者の読みが以前より一層緻密になっている証しと感じられる。


そして、続けて聴いたのは、近頃雑誌やネットで話題になっている一枚だ。NMLで拝聴。
2021-06-09_202106090951085fb.png
フランソワ・クサヴィエ・ロトの録音を聴くのは、「運命」に次いで2曲目。
といっても、「運命」はやや軽量級で、第1楽章で頓挫、全曲聴きとおす気力が出なかった。ネコパパは「運命」、スケール雄大でないと困るのである。それにくらべると、「英雄」は、ずっといいと思う。
きびきびとした早めのテンポで一貫するのは「運命」と同じだが、この曲は音楽自体にスケールがある。それに、ロトたちの演奏そのものは、ちっとも軽やかではない。フレーズにつけられた鋭いアクセント、随所に聴かせる強弱の変化と、全体を通じてのテンションの高さ。
各奏者が一節、一節にこめた気合というか「感情移入」が、切々と伝わってきて、最後まで耳が離せなくなる。
これは、フルトヴェングラーに似ている、というのが言い過ぎなら、20世紀前半の巨匠スタイルに近い演奏解釈ではないだろうか。
ただし、オーケストラの人数は少なく、奏法はピリオドスタイルである。
さて、ここからは好みの問題になるがネコパパの本音をいえば「そこが惜しい」。
NMLで拝聴できたのは僥倖だが、では買うか、と言われれば「うーん」と首を傾げざるを得ない。
フルトヴェングラー、ワルター、シューリヒト、父クライバー…大編成のモダンオケで、同質の愉しみが得られるとしたら、やはりそっちを聴きたいからである。
響きの豊かさ、楽器の性能、そこから感じ取られる音楽の全体像、どれをとってもモダンオケのほうが明瞭かつ自然で、安心して聴けるからだ。ピリオド演奏では「響き」「音色」「奏法」にどうしても注意を持っていかれる一瞬がある。
その時ネコパパは「音楽」ではなく「音」を聴いてしまっているな…と自覚する。

ロトがレ・なんとか、ではなく、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団やドレスデン・シュターツカペレ、あるいはN響の大編成で、これと同じ表現をやってくれたらどうだろう。大いに食指が動くのは間違いない…(ここでベルリン・フィルやウィーン・フイルの名を出しにくいのは、指揮者の解釈が100%反映されにくいという別の問題があるからだ)
近頃話題の指揮者テオドール・クルレンティスの場合もそうだが、なぜ、小編成のピリオド演奏なのかと思う。コンサートホールに出かければ、モダンオケの演奏がいまも主流なのに。
これは長年クラシックを聴き続けてきた老ファンのノスタルジーではない。若い聞き手にとっても、モダンオケのほうがずっと曲の良さがストレートに伝わると思う。

まずは「いい曲だ、好きだ」と思うのが先で「昔はこうだった」は、その次ではないだろうか。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメント(2)
なるほど
こんばんは。
なるほどです。
ぼくがピリオド奏法の録音が苦手なのは,これだと思いました。
演奏よりも,奏法や音色,管楽器の微妙にアヤシい音程などに気が行ってしまって音楽そのものが楽しめない気分になるからなのかと膝をたたきました。

それにしてもピリオドスタイルの演奏がふえてきたのはどうしてかという疑問があります。聞く側の需要があるのか,奏者の側が行き詰まりを打開したかったのか…。

リキ

2021/06/11 URL 編集返信

yositaka
Re:なるほど
リキさん
近頃の「レコード芸術」ランキングなど拝見すると、まったく名前も聞いたことがないようなピリオド系の指揮者・演奏者がトップを占めていることに驚かされます。評論家も世代交代してきたのでしょうし、新しいものに注目しなければ業界自体が危うくなりますから、当然のことかもしれません。
でもこの傾向って、新たな世代の聴き手を増やすことにつながっているのかどうか。街のレコード店の店頭にも並ばないマイナー系が多いですし、数年経てばほとんど忘れ去られているんじゃないかなという気がします。
TVでインタビューなど聞いていると、口を揃えて、初演当時の演奏の再現こそ重要、といいますが、聞き手はそれよりも「音楽の感動」を求めているのであって、どこか齟齬があるように思えてなりません。こういう話って、もう100年近く前にカザルスが言っていたと思うんですが。

yositaka

2021/06/12 URL 編集返信

コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

yositaka

Author:yositaka
子どもの本と、古めの音盤(LP・CD)に埋もれた「ネコパパ庵」庵主。
娘・息子は独立して孫4人。連れ合いのアヤママと二人暮らし。

ご訪問ありがとうございます

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR