童謡SP盤リスト作成で、大事件!

手持ちの童謡SP盤の管理のためにエクセルでリストを作成中。コレクションといってもヤフオクで二度落札しただけなのだが、これが結構カサがあり、手を付けるまでに時間がかかった。ものぐさ猫のネコパパは、とにかく決断が遅い。始めても道草が多い。誰かに締切日を設定してもらえるといいのだが…とりあえず、6月13日の第2回童謡サロンまでにはやらなくちゃ…
PXL_20210522_142958243 (1)
で、始めたのだが、2時間で壁に突き当たった。
レコード番号、日本コロムビアC26、曲目は「おさるのかごや」「あの子はたあれ」。
いつもお世話になっているサイト「78MUSIC-邦楽SP総目録」で検索すると、これは1948年の発売で、演奏者は「大道真弓・松永園子」とある。
太平洋戦争終戦から3年、日本がまだ占領下にあったころの発売だ。
ところが、ネコパパの収集品には…
PXL_20210524_023135837.jpg
同じ番号のものが、2枚あった。
曲目は「おさるのかごや」「あの子はたあれ」と、まったく同じなのだが、演奏者が違う。
写真左の一枚は「三木節子・羽崎共子」、右は「大道真弓・松永園子」だ。

試しに聞いてみたが、確かに、どちらも全く違うものだった。
同じレコード番号でも、途中から別録音に差し替えられた、ということかもしれない。
もしそうなら、マトリクス(原盤)番号で区別できるはず…と思ったのだが。
これがそうじゃなかった。
PXL_20210524_023238240.jpgPXL_20210524_023224251.jpg
なんと、どちらも120138で、同じなのだ!
レコード資料の根幹を揺るがす、大事件である。
さらに調べると、「大道・松永盤」は別のレコード番号で出ているものも発見した。
PXL_20210524_031921226.jpg
A347、原盤番号は同じく1210138である。
この一致は、裏面の「あの子はたあれ」も全く童謡、いや同様である。
さっそく「78MUSIC」を検索したが、残念ながらA347は欠落していた。
一見すると、C26よりもこちらのほうが古い発売に見えるが、必ずしもそうではない。近い番号から類推すると、こっちもやはり1948年の発売のようである。同じ時期に二つの規格番号があるというのも意味がわからないが。

どちらの音源もYouTubeにあるので、聴き比べてみてください。


三木節子盤は8インチ盤の「コロちゃんレコードCP1」で1956年頃に再発売されたもののようだ。演奏内容はC26と同じである。二人の歌い方も声も、随分違うのがお分かりいただけるだろう。
サイズ違いの「コロちゃん」盤の原盤番号はどうなのだろうか。これも「78MUSIC」では欠落しているが、オークションで出品されている画像では28-2と書かれている。
m66047110200_2.jpg
録音はおそらく「大道・松永」盤の方が古い。「おさるのかごや」では、歌手名の下にいっしょに歌っている合唱団(というか、アンサンブル)の名称が、大道盤では「ゆりかご」、三木盤では「コロムビアゆりかご」となっているからである。作曲者名も前者が「海沼」に対して後者は「海沼」だ。
しかし古いからといって「大道・松永」盤の録音状態は悪くない。歌そのものも古いものの方が勢いも声の張りもあって、好ましい。差し替えの必要があるとも思えないのだが。

演奏が違うのに原盤番号が同じ事例は、以前、独テレフンケン録音のウィレム・メンゲルベルク指揮コンセルトヘボウ管弦楽団の「運命」で出くわしたことがある。連続するハム音の有無で録音時期の違いが解明されたが、原盤番号はおなじだったという一件である。今回のケースは演奏者も違うのだから、なおさら不可解だ。
録音制作した原盤は星の数ほどあり、原盤番号はその「戸籍」とも言える重大な情報なのに、違う録音に同じ番号を振ってしまうなんて、レコード会社はどんなつもりだったのだろう。
ディスコグラファー泣かせの事例はまだまだありそうである。

追記
チャランさんの助言に従って、レーベルではなく、盤面に刻印された記号を見てみた。すると…「大道・松永盤」はM21038○A、「三木・羽崎盤」はF20138○Aで、初めの1文字が違うのだ。これで区別していたのか。英DECCA盤などは必ず刻印を見ているのに、今回はなぜか、気を抜いてレーベルの記号だけで済ませていたのがまずかった。「78MUSIC」も、そこまでは見ていないので、そこは個人収集家の出番か。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメント(6)
これはもう・・・・・・
これはもう研究の域に達した資料整理であると思います。
書誌でもわけわからんことがたくさん起こります。
柳田國男『日本昔話集(上)』(アルス、1930年3月)などもその一つ。
田中啓爾『世界の旅』と2冊セットになって、箱に入っているものが一般的なのですが、単独の箱入りで箱にアルスと明記されないで『日本昔話集』とだけ書かれていて、カバーが新たについているものもあります(中を開くと扉に日本昔話集(上)となっています。ぼくのものは市橋鐸の蔵書印がついているので市橋鐸旧蔵本と分かる)。市橋鐸は同年4月に出した『俳人丈艸』を柳田國男に贈っていて、これに対し柳田から礼状が届いていると市橋の随想に柳田のハガキの文面が記されていたから、おそらく柳田から丈艸の本の礼として贈られた柳田の「お礼本」として箱が別に作られたものでないかと推測はしてみるのですが。
もっともこの場合、中味は同じだから問題はないのですが、レコード型番が同じで演奏が異なるのは、これは大変。戦後すぐだとしてももう4分の3世紀を過ぎてしまっている。このような場合の調査は、困難を極めるのですが、調べてみたいのが人情というものでして。ネコパパさん、ホームズかポワロの心境かもと拝察します。

シュレーゲル雨蛙

2021/05/24 URL 編集返信

ラベル番号とマトリックスの不一致
ネコパパさん、ご苦労様です。
姉の「おさるのかごや」「あの子はだあれ」「大道・松永盤」C26 「120138」がありますのでチェックしたらマトリックスが「M20138」〇A刻印となっています。
他の盤もチェックしたら 「きくらさくら」C77 1207258→M207258 〇A 納付済
「つばめの赤ちゃん」C367 2216892→F216892 〇A 最初の番号とマトリックスが一致してないようです。B番号の(*)数値は、マトリックスが一致しています。
「120138」は、著作権で曲名に対して割り振られた番号ではないか思われます。
「大道・松永盤」と「三木盤」の最初のマトリックス記号をチエックして下さい。(めんどうですね)

78MUSIC-邦楽SP総目録さんは、ビクタ洋楽愛好家協会で検索しましたが第1集分くらいしか載ってなく途方にくれました。

チャラン

2021/05/24 URL 編集返信

yositaka
Re:これはもう・・・・・・
シュレーゲル雨蛙さん
まったく、興味深いと言おうか煩雑と言おうか…チャランさんのご助言で判別方法はわかりました。レーベルではなく、レコード内周の「刻印」を見るのです。まさにホームズの心境ですねこれは。
本でもレコードでも複製できる商品とはいえ、ヴァージョン違いの問題は常にありますね。翻訳者でも作家でも「増刷の度に手直しする」という人は多いです。石井桃子も清水真砂子も松谷みよ子もそう。極端に言えば、同じものはないということでしょう。雨蛙さんはプロの研究者なので、日々そういう問題と立ち向かっているんですね。

yositaka

2021/05/24 URL 編集返信

yositaka
Re:ラベル番号とマトリックスの不一致
チャランさん
またも有益な助言、感謝感激です。いつもならまず刻印を確認するところですが、今回は量も多いし、つい仕事を怠ってしまいました。
もっとも、別のレコードに同じレコード番号をつけるのは、お客様にとって、前のものは「なかったこと」になってしまうので重大事です。
旧盤は、多少古いとはいえ録音も通用しますし、なぜ差し替えたのか理解に苦しみますね。同じような例がほかにないとすれば、歌手の事情かもしれません。しかし、当時の童謡歌手については、なかなか情報が出てこないのです。平井英子さんの死去が報じられたのは、むしろ珍しい例かもしれません。

yositaka

2021/05/24 URL 編集返信

別録音か、別テイクか。
なんとも興味深いです。別演奏に同じマトリクス番号が付いているのは1920年代のカザルスやコルトーのレコードにも見られるとか(リンク先の記事「パブロ・カザルスのDB851とDB1067の怪」)。
しかしこの童謡のレコードは別演奏どころか別人とは!マトリクス番号の意味合いが当時はちょっと違っていたのかもしれませんね。

Loree

2021/06/03 URL 編集返信

yositaka
Re:別録音か、別テイクか。
ロレーさん
SP時代のディスコグラフィーというのは欠落が多く、録音日時はおろか発売日時も特定できないものが多いので困ります。今では文化財ですから、発売当時のように「音が入っているから聴けばいい」というわけにはいきません。ロレーさんもキュルティのディスコグラファーだから、そんな居心地の悪さは、よくお分かりのことでしょう。まあ、気長にいきます…

yositaka

2021/06/04 URL 編集返信

コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

yositaka

Author:yositaka
子どもの本と、古めの音盤(LP・CD)に埋もれた「ネコパパ庵」庵主。
娘・息子は独立して孫4人。連れ合いのアヤママと二人暮らし。

ご訪問ありがとうございます

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR