平井英子SP盤インレイカード。貴重な資料です。

平井英子さんへの追悼の意も込めて、歌謡曲SP盤コレクターのIWさんにお借りした貴重な資料をご紹介します。
これらはSP盤に封入された解説カードです。
SP盤というものは、一部の特別な盤やアルバムをのぞいて、各社統一の紙袋に入っているのが普通でした。現在ではジャケットに印刷されている歌詞・解説は二つ折りにした解説カードに記載され、紙袋に投げ込みで入っていました。現在ヤフオクなどで中古盤を入手すると、それが紛失しているものが多いんですね。SP盤は消耗品として結構ラフに扱われましたから、当然という気がします。中には貴重な写真入りだったり、カラー刷りだったりで、コレクター的価値のあるものになっています。平井英子さんの写真も、ネット検索すると比較的後年のものが多く、録音当時のものはなかなか出てきません。そういう意味でも貴重な資料と思います。

■茶目子の一日 ビクター50681 1929年
img252.jpgimg247.jpgimg248.jpgimg249.jpg



■鳩・おきあがりこぼし・冬の夜 ビクター 51977 1930年
img250.jpgimg251.jpg
■鞠ちゃんの絵本 ビクター50871 1929年
img253.jpgimg254.jpgimg255.jpg
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメント(4)
インレイカード
というのですか!
ずいぶん前に高田馬場の古書店で、なんだろうレコードの宣伝かな? と思い、何十枚か紐で括られ、簡易製本されていたのを買っていました。クラシックもあれば浪花節ぽいのもありました。たぶん古書店でも何だか分かっていなかったのでしょう。一把一からげの扱いでした。
本題から逸れた話ですみません。

シュレーゲル雨蛙

2021/05/22 URL 編集返信

yositaka
Re:インレイカード
シュレーゲル雨蛙さん
インレイカードというのは、LP用語でジャケットに投げ込まれた別紙解説や歌詞カードのことです。SPの場合は特に決まった名称がなく、解説書とか歌詞カードとか好きなように呼ばれています。まあ、LPと同じでいいかと思ったわけです。
オークションでもまとめて出品されているように、当時はこれを本体とわけて保存する人が多かったみたいです。パンチ穴がついているのも、別に保存しなさいよという意味かもしれません。
その結果、中古品で残存しているものは甚だ少ないことになってしまいました。後世のコレクターのことをもうちょっと考えてほしかった…

yositaka

2021/05/23 URL 編集返信

Re:Re:インレイカード
インレイカード(inlay card)ですが、LPレコードでもそういう呼び方をするのでしょうか。インレイとは「はめ込む、象眼」といった意味なので、みっちは、音楽CDのあの透明プラスチックのジュエル・ケースにぴったりはまるように作られた、表と裏の表紙の印刷物のことと思ってました。

みっち

2021/05/23 URL 編集返信

yositaka
Re:Re:Re:インレイカード
みっちさん
CDの場合は、そう言う言い方をするのかもしれませんが、私には馴染みがありませんでした。では何というのかというと…ブックレットでしょうか。LP時代には、ボックスセットの中に入っているものは「解説書」「別冊解説書」と書かれていたことを思い出しますが、シングルジャケットに入っている、1枚ペラとかふたつ折りのものは、あんまりそう呼ばなかった気がするんです。

yositaka

2021/05/24 URL 編集返信

コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

yositaka

Author:yositaka
子どもの本と、古めの音盤(LP・CD)に埋もれた「ネコパパ庵」庵主。
娘・息子は独立して孫4人。連れ合いのアヤママと二人暮らし。

ご訪問ありがとうございます

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR