音楽を楽しむ会・9月は再開します。

3月から6月まで中止、7月は開催できたものの、8月はコロナ第二波到来で中止、そして9月は何とか開催の運びとなったようです。先日配布されてきた市の広報誌にも掲載されていました。
内容は、豊明市図書館会館40周年企画ということで依頼された「文学と音楽」の第1弾で、テーマは「シェイクスピア」です。

再開 豊明市立図書館音楽を楽しむ会2020第4回②ネコパパチラシ_page-0001
大体の案は考えてあったのですが、曲を絞るとなると、多すぎて絞り切れない。
劇として上演された時代の音楽に始まって、パーセル、サリエリ、ロッシーニから、エルガー、バーンスタインまで、なにしろシェイクスピアに題材をとった音楽は5万曲あるという。
そのなかから絞りに絞って選んだのが次の曲です。
ご来館の皆様に楽しんでいただければいいのですが。
0001 (3)再開2 音楽を楽しむ会2020_page-0001 (1)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメント(6)
おお、素敵
再開できてヨカッタですね。
しかも文学と音楽・・・図書館に相応しいわ。
ロミ&ジュリは、私が敬愛する羽生結弦選手が、
五輪で初の金メダルを取った時のフリー演技の曲でもあります。
題名や曲を聞いて「ウットリ」するオバサンは、
きっと、ゆづファンです(笑)






ユキ

2020/09/05 URL 編集返信

yositaka
Re:おお、素敵
ユキさん
いやあ、そうですか。最近のフィギュアの曲は選曲が凝っていますね。そちらには全く疎くて…
じつは今回は選曲に苦労しました。候補曲が多すぎて、絞れないのです。
特に「ロミオとジュリエット」関連は名曲ぞろいです。
個人的にはプロコフィエフやバーンスタインの「ウェスト・サイド・ストーリー」もぜひ入れたかったんですが。

yositaka

2020/09/05 URL 編集返信

Re:Re:おお、素敵
フィギュアスケートの曲は、
何十年も前からクラシックの名曲が多いんですよ。
「銀盤コンサート」みたいな演奏会も、あったり^^)
ショパンのピアノ曲は定番かも。
勿論、ポップスやジャズなどで滑る選手もいますが、
(こういう言い方は誤解されるかもしれませんが)
クラシカルな曲で滑ると演技にも「重厚感」が増すように思えます。

追コメ、失礼しましたぁ。

ユキ

2020/09/05 URL 編集返信

yositaka
Re:Re:Re:おお、素敵
ユキさん
そういえば、名古屋のあるコンサートで「大変有名な曲」として紹介されたハチャトゥリァンの「仮面舞踏会」のワルツ、確かにいい曲とは思いましたが、聞き覚えがなかったので検索したら、有名なフィギュアスケート選手の「持ち曲」だったことが分かりました。
それで、テレビで放送されたフィギュアスケートの中継を気を付けて見ていたんですが、曲名も正確にアナウンスしないし、誰の編曲とか演奏とかのデータも全く言わないので、たいそうストレスが溜まりました。こうなると演技どころじゃなくなってしまいます。
ファンの人は、一体どこからそういう情報を得るのかと思いました。

昔、竹宮恵子の「ロンド・カプリチオーソ」というスケートマンガがあったのを思い出しました。1974年の作品です。
主人公がサン・サーンスの同曲を使って演技するんですが、その時に使うレコードは「ジノ・フラッチェスカッティの演奏でなければな…」と言うセリフがあるんです。
そういう話をしてくれるなら、ネコパパも興味を持つかもしれません。

yositaka

2020/09/05 URL 編集返信

Re:Re:Re:Re:おお、素敵
「仮面舞踏会」は浅田真央が滑った曲です。
フィギュアは音楽ナシには成り立たない競技ですが、
選手がリンクに立っているのは3分から5分。
演技構成と得点が重要になるので、
(ファンも↑コレが知りたいわけで)
曲について語っている余裕はないのだと^^;)

フィギュア番組のオープニングで頻繁に流れる曲は、
トゥーランドットのアリア・「誰も寝てはならぬ」と
ラヴェルの「ボレロ」かと思います。
両方とも、かつて金メダリストが使用した曲です。

竹宮恵子さんのその作品、
週刊少女コミックに連載されていましたね。
確かニコル君という名の主人公だったはず。
当時、バリバリ、読んでいました。
懐かしいぃ~。



ユキ

2020/09/06 URL 編集返信

yositaka
Re:Re:Re:Re:Re:おお、素敵
ユキさん
そうです。浅田真央さんです。
「誰も寝てはならぬ」とラヴェルの「ボレロ」…とくに前者は、いつのまにやら大イベントには欠かせぬ曲なってしまいました。三大テノールのあたりからだったかもしれません。

竹宮惠子の作品「ウィーン協奏曲」を初めて読んだのが1976年の冬で、これを機に、所謂24年組の作品のほとんどを読みあさりました。
増山法恵と合作した音楽ものは特にお気に入りで、いまもときどき読み返したりします。息子の大学の懇親会で、竹宮さんと会話できたときは大感激でした。

yositaka

2020/09/06 URL 編集返信

コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

yositaka

Author:yositaka
子どもの本と、古めの音盤(LP・CD)に埋もれた「ネコパパ庵」庵主。
娘・息子は独立して孫4人。連れ合いのアヤママと二人暮らし。

ご訪問ありがとうございます

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR