老優が粋に演じるヒーローの「成れの果て」~映画『運び屋』

先日WOWWOWで録画しておいた映画を鑑賞。
2018年アメリカ、監督業と俳優業を演じ分けるクリント・イーストウッドの主演作である。90歳の彼が90歳の主人公を演じている。暗さはない。「老い」と「人生」を淡々と、沁みるタッチで描いた作品である。気に入った。

unnamed_20200214222530069.jpg

かつて園芸家として名を馳せたアール・ストーン(クリント・イーストウッド)は、経済的に行き詰まり孤独に暮らしていた。
朝鮮戦争で徴兵され、退役後は園芸業を営み、家族を省みず仕事に没頭し、成果は上げたが、娘の結婚式さえも品評会のためにすっぽかす始末であった。
しかし90歳を過ぎる頃には、時代の趨勢に抗えず、ネットショッピングに敗北し、店も家も差し押さえという惨状に。もはや孫の結婚式も娘に追い出されるほど、家族とは険悪になっしまっていた。

そんな彼に「儲け仕事」を持ちかけるものがいた。
無事故無違反の模範ドライバで人望も厚く、しかも高齢の彼ならば…と考えた、メキシコの麻薬シンジケートに繋がる男である。
「中身は見るな」の指示を不審に思いながらも、うかうか運搬の依頼にに乗ってしまうアール。やがて彼は、その運搬品が多量のコカインであることを知ってしまうが、報酬にひかれて確信犯の運び屋となる。
アールの仕事ぶりは完璧だった。
警察の捜査網も「道草交じりの普段着の運転ぶり」で難なくすり抜けてしまう。
アールの正直でフレンドリーな性格は、ささくれた麻薬組織のメンバーにも染み渡り、捜査が行き詰まり悩む捜査官のベイツ(ブラッドリー・クーパー)までも心服させるが、やがて組織の内輪もめから事態は急変、そこにアールの妻が危篤という知らせが入り…

いくら仕事が生きがいといっても、これはないよな、と思うほどの家族無視の人生を送るアール。
それでいて、偏屈ではなく、退役軍人仲間や地域住人には面倒見のよい人情家、というアールの人物像が、いかにも古き良きアメリカンヒーローの「成れの果て」だ。
差別用語もお構いなしに飛び出すが、憎めない。その人情味が、なぜか家族には向けられないところが人間の複雑さであり、悲しさでもある。

彼を利用する麻薬組織の物騒な連中にも、アールは慌てず騒がず、気のおけない仲間のように接するので、こわもてのワルたちも、ついつい親しみを感じてしまう。
終盤では組織に血なまぐさい内紛が起こり、事態は緊迫するが、それでもアールの言動は周囲の男たちを揺さぶり続ける。
ボスを裏切り射殺するような連中までが、アールに対しては同情心を起こしてしまうあたりは、いささか甘いとは思うが「人間性への信頼」を絶えず感じさせた、かつてのアメリカ映画の名残を感じさせて、ほっとするものがある。
アールが「あんた、ジェームズ・スチュワートに似てるぜ」と言われるシーンが二回も出てくるのも、そんな価値観を体現したヒーローへの追憶なのかもしれない。それは年を経て、すっかり老いてしまった。しかし、まだ失われてはいない。



関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメント(2)
C.イーストウッド
こんにちは

C.イーストウッドの役柄といえば、いつもダーティな世界に関わり、がさつだけど情けもあるかっこよさが焼き付いています、その彼がもう90歳かと驚きですが、活躍中なのが嬉しいですね、本当にこの歳になるまで、やり甲斐のある事を持って過したいもので、あやかりたいです。

michael

2020/02/15 URL 編集返信

yositaka
Re:C.イーストウッド
michaelさん
この映画、中盤まではろくな終わり方はしないだろうなと思ってみていましたが、意外にもいい後味を残すエンディングでした。
イーストウッド氏は「誰の人生にも共通する内容を追求したかった」と述べていますが、「がさつだけど情けもあるかっこよさ」という持ち味を十分に生かすことで、それを実現したと思います。90歳になってもこれをやっていることがますますもってかっこいい。

ストーリーは実話がもとになっているとのことですが、こういうのが一種の美談として語られてしまうのは、手放しでは喜べないところもあります。アメリカの病巣の深さがかいま見えるようにも思いました。

yositaka

2020/02/15 URL 編集返信

コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

yositaka

Author:yositaka
子どもの本と、古めの音盤(LP・CD)に埋もれた「ネコパパ庵」庵主。
娘・息子は独立して孫4人。連れ合いのアヤママと二人暮らし。

ご訪問ありがとうございます

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR