蓄音機サロン・古関裕而とボサノバと

katsuhara_greeting_20200209224338dc2.jpg

2月2日、談話室・香津原での蓄音機サロンが開催されました。参加者は定員30人ぴったり。
今回も多彩なプログラムが並びます。

第1部はIKさんのご案内で古関裕而の世界。

1564646685_b.jpg

船頭かわいや 音丸
フランチェスカの鐘 二葉あき子
雨のオランダ坂 渡辺はま子
きみの名は 織井茂子
長崎の鐘 藤山一郎
あこがれの郵便馬車 岡本敦郎
とんがり帽子 川田正子


古関 裕而(こせき ゆうじ、 1909年(明治42年)8月11日 - 1989年(平成元年)8月18日)は、
旧制福島商業学校に通いながら作曲を志し、軍歌、歌謡曲、応援歌、行進曲の作曲を手がけ、格式高い曲風で知られる作曲家。紹介された曲も背筋の伸びた晴朗さが感じられます。「鐘の鳴る曲」が3曲もあるのは偶然でしょうか。原爆をテーマにした「長崎の鐘」はとりわけ感動的でした。

第2部は井上マスターのご案内でビッグバンド・ジャズ名曲選。

ジャンピング・アット・ザ・ウッドサイド カウント・ベイシー
A列車で行こう デューク・エリントン
ストーミー・ウェザー アイヴィー・アンダーソン(V) エリントン
チェロキー チャーリー・バーネット
マンテカ ディジー・ガレスピー
フォー・ブラザース ウディ・ハーマン


レスター・ヤングのソロをフィーチャーしたベイシー楽団の快演、A列車の初録音、スタン・ゲッツ、ズート・シムズ、サージ・チャロフ、ハービー・スチュワートの顔ぶれの4サックスを擁したウディ・ハーマンの壮演、片面3分のSPフォーマットによくぞ収録したものと感心させられます。「チェロキー」「マンテカ」の語義などを楽しくスピーチする井上マスターの名調子も絶好調。

第3部は吉岡会長のアルゼンチンタンゴ講座。
「タンゴを理解するにはまず歌を」との先達の言葉に導かれてカルロス・ガルデル全曲を踏破し、「ガルデルを聞けばすべての歌手がわかる」と達観する…そんな観点で厳選されたペドロ・マフィア、アルベルト・ポデスタ、フリオ・ソーサ(写真)の名唱を拝聴しました。

JulioSosa.jpg

お客様からのリクエスト曲「白いランプの灯る道」(奈良光枝)を挟んで、第4部はボサノバの形成を辿る、勝原オーナー、入魂のプログラムです。

思い切り泣いて カルトゥーラ(サンバ・カンソン)
One Note Samba ジョアン・ジルベルト 
Pra machucar meu coracao スタン・ゲッツ ジョアン・ジルベルト



ボサノバというジャンルがジョアン・ジルベルトによって確立されるまでの流れと、ジョアンという人物の「誇り高き孤高」ともいうべきエピソードが語られました。また、有名なスタン・ゲッツとの共演「ゲッツ・ジルベルト」が、妻アストラッドの英語歌唱部分のみを収録した、「イパネマの娘」シングル盤のヒットによって語られることへの、オーナーの「忸怩たる思い」がにじみ出るエピソードもあり、傾聴させられました。
30年代のアルゼンチンタンゴへの勝原オーナーの熱烈な思い入れは、これまでのサロンで充分に伝わってきましたが、ボサノバにも…

というわけで、今回はEMGマークⅨとB&WでのCD再生が半々という、サロンとしては珍しいプログラムになっていました。新生・蓄音機サロン、今後しばらくは模索の時期が続くのかもしれません。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメント(2)
行けなくて、残念❗️
行けなくて残念❗️当日は3カ月も前から依頼されていた結婚式出席でしたので、猫パパ氏のレポートにちょいと悔しい気持ちです。恐るべし、4本立ての企画です。古関氏の譜面は丁寧で、数曲演奏した感想ですが、キャッチーな表旋律に対し裏旋律は余り出てこない。その代わり曲を盛り上げる合いの手が効いていて、元気づける。日本音楽史に残る曲を作られた、立派な方ですよね。しかし、ボサ・ノバやられたんですね。しかもイパネマより他の曲。聞きたかった‼️ただ、イパネマのサビのコード進行、あれは凝っていて洒落ていて、演奏家泣かせです。(なかなかおしゃれなメロディーを作れない)ゲッツは、単純にして美しいアドリブにしてますが、あのようにはなかなかできないものです。

sige

2020/02/12 URL 編集返信

yositaka
Re:行けなくて、残念❗️
sige君
古関裕而の歌、作曲上の特徴を読み取るには少なすぎるんですが、背筋の伸びた「格調の高さ」はどの曲からも聞き取れました。出身高校の応援歌が古関作品ということも今回知って驚いています。それにしても生涯5000曲というのは、ギネス記録保持者のテレマン並みではないでしょうか。

ボサノバというと空に浮くような快適な音楽をイメージしますが、これを創出したジョアン・ジルベルトは相当に気位の高い頑固者だったようで、そのギャップに驚きました。表現者とはそういうものなのかもしれないですね。

yositaka

2020/02/12 URL 編集返信

コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

yositaka

Author:yositaka
子どもの本と、古めの音盤(LP・CD)に埋もれた「ネコパパ庵」庵主。
娘・息子は独立して孫4人。連れ合いのアヤママと二人暮らし。

ご訪問ありがとうございます

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR