ワルター/NYフィルのブラームス・ライヴ

i-img1200x1134-1578835776mos19r590348.jpg

ワルター指揮ニューヨーク・フィルのライヴを2曲収録したLPを入手。仏TAHRA原盤を使用して日本のレーベルALTUSが制作したものである。2018年6月の発売で、2枚組。

LP1
ヴァイオリン協奏曲
エリカ・モリーニ(Vn)
1953年12月20日録音
LP2
交響曲第2番
1951年2月4日録音 
会場はいずれもカーネギー・ホール

ブルーノ・ワルター指揮 ニューヨーク・フィルハーモニック交響楽団
TALTLP047(2LP)

演奏はどちらも早めのテンポ、分厚い響きで、たっぷりと歌い上げたもの。
もともとワルターにぴったりの曲想で、汲めども尽きぬ音楽の流れに浸ることができる。

ワルター唯一の録音であるヴァイオリン協奏曲のソロは、オーストラリア生まれのエリカ・モリーニだ。最初のあたりはややおとなしく、音量も小さめだが、第1楽章の中盤から俄然勢いが出て、手に汗握る熱演になる。聞き覚えのないカデンツァ(自作?)では、切れのある名人芸で会場を静まりかえらせる。
楽章の終わりごとに盛大な拍手が入るのも微笑ましい。

第2交響曲は協奏曲より2年前の演奏。
米コロムビアが収録した有名なセッション録音は1953年12月28日収録なので、これと比べても2年前になる。
演奏解釈はコロムビア盤とほとんど同じで、歌また歌、の前半2楽章、中間部の弾むリズムが印象的な第3楽章、一転してアッチェレランドの連続で、熱狂的に盛り上がるフィナーレ…と、いつもながらのワルター節が楽しめる。違いはこちらのほうが金管やティンパニの強奏が抑えられ、弦楽器主体の、柔らかめの響きで進められていることだろう。ネコパパはセッション録音も好きだが、51年盤にはそれとは別の、一歩引いた奥ゆかしさが感じられる。こちらも愛聴盤になりそうだ。

実をいうと、この2曲のライヴ音源は、初めて聴いたのではない。今は亡き今池のクラシック盤専門店ラ・フォーレで、伊NUOVA-ERAという怪しいレーベルで出たCDを入手していた。1990年頃で、2枚で5000円もしたのに、あまりピンとこなかった。その後、2004年に仏TAHRAから再発。2枚組CDで2500円くらい。今度は正規盤だから、と期待したのだが、顕著な改善は感じられなかった。そこそこ鮮明だが、高音寄りの軽くて中抜けしたような音だった。
しかし今回のLPは、中音域がしっかり出て、頼もしい。レベルオーバー気味の米コロムビアよりも聴きやすいくらいである。この2曲が好きな人には、一聴をお薦めしたい。

ただ、価格は1枚当たり7000円と、高め。
最近はLPブームで、発売当初は高価だった各種のヨーロッパ製リマスター重量復刻盤も、だいぶ買いやすくなっているが、この盤のような少量生産の国内盤はそうもいかないらしく、むしろ値上がり気味。ファンの懐も考えて、もうちょっと「勉強」してほしいものだが…ちなみにネコパパはネットオークションで割安に入手。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメント(2)
はじめまして
はじめまして、よしなと申します。
先ほどはありがとうございます。
とても嬉しかったです。

ワルターのブラームスの第2番が大好きで、ニーヨーク・フィル盤53とコロンビア響60を購入しました。
51年盤は初めて知ったもので、拝読させて頂きとても喜んでいます。
また、エリカ・モリーニに非常に興味を持っています。
私はどうやら往年の演奏家に惹かれるようです。

平成直前の生まれで、未熟者ですが、どうぞよろしくお願いいたします。

よしな

2020/02/08 URL 編集返信

yositaka
Re:はじめまして
よしなさん、ご来訪並びにコメントありがとうございます。
ワルターのブラームスがお好みとは、趣味の重なる部分がありそうで嬉しく思います。
モリーニという人は、特別に気を付けて聴いてきたわけではないのですが、この録音に関する限り、実力のある人だと感じます。
ロジンスキーとのセッション録音も聴いたことがありますが、それほど印象に残らず、ブラームスは合わないのかなと思っていました。もう一度聞きなおさなくてはと思っているところです。
これからもよろしくお願いします。

yositaka

2020/02/08 URL 編集返信

コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

yositaka

Author:yositaka
子どもの本と、古めの音盤(LP・CD)に埋もれた「ネコパパ庵」庵主。
娘・息子は独立して孫4人。連れ合いのアヤママと二人暮らし。

ご訪問ありがとうございます

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR