大須シネマ・蓄音機コンサート

2019/ 11/ 19
                 
2019年11月18日、名古屋大須の映画館「大須シネマ」で蓄音機コンサートが開かれました。

261364057_624.jpg

img199.jpg
館長が蓄音機クラブのメンバーということで話が出た企画のようで、今回を皮切りに、四ヶ月に一度のペースで行っていくことになるようです。
大須はネコパパが入り浸っている名古屋の観光スポットにして古い文化の残る街。蓄音機のサウンドにはぴったりではないでしょうか。これは楽しみなことになってきました。

コメンテーターは映画にも音楽にも詳しい井上マスターとくれば、内容の充実は保証付きです。
館内に設置された勝原オーナーのEMGマークⅨ。

DSC_1278.jpg

映画館という場所を活かして、スクリーンに映画の名場面を投影しながら音楽を楽しむ趣向です。

DSC_1280_201911191149101e8.jpg

なんとも贅沢な1時間。定員30人の居心地のよい小ぶりな劇場に、EMGマークⅨの音色、音量はぴったりです。会場は、既に予約で満席。井上マスターの弁舌にも熱がこもり、とくに父親と息子ふたりの兄弟の桎梏を描いた「エデンの東」のストーリーを、自身のファミリーヒストリーに重ねて話されたところは感動的でした。

DSC_1283_20191119114909d6a.jpg

「もっとも、私の場合は兄と弟が逆でしたけれどね。もちろん『普通』のほうが私です」



お客様には、満足度の高い企画だったのではないでしょうか。

次回は2020年2月に開催とのことです。
皆様、よろしかったらぜひ足をお運びください。

関連記事
スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

画像と音楽
曲は聴いたことはあるけどストーリーを思い出せない私。
井上マスターの演奏時間3分余に編集したスライド画面は、音楽も傾聴でき、大きな画面とEMGマークⅨにより迫力のある演奏を聴かしていただきました。

井上マスターは、準備、司会、映画と曲の解説、画像操作、アドリブ、案内等で八面六臂の大活躍をされていましたね。
うまくいけば大須の名物に
チャランさん
スクリーンを効果的に使って、とても臨場感がありました。映画館でやるのはすばらしいアイデアです。うまくいけば大須の名物にできるかも。

それにしても井上さん、あのプレゼン準備には、かなりの時間がかかったはずです。おかげで大成功のイベントになりましたが、いつも一人であれをやるとなると、大変だと思います。
これからは若いアシスタントとか後継者を育てていかないといけませんね。