ネコパパ旅日記 瀬戸内編①

2019年8月16日から19日の4日間、アヤママとふたりで瀬戸内に行ってきました。

瀬戸内海の島々で展開されている3年に一度のアートイベント、瀬戸内国際芸術祭を見物するためでした。


ポスター

出発の前日まで、二人でハラハラしていました…というのも、

低速で居座った台風10号の動きが、旅行予定とかち合って、15日は台風上陸の渦中、東海道新幹線は大幅に本数を減らし、山陽新幹線は運休という状況だったからです。

一夜明けても、風雨は残り…でも台風は抜けてくれて、なんとか出かけることができました。


新幹線で岡山までいき、マリンライナーに乗り換えて高松へ。行きは贅沢にもグリーン車二階席で海の眺望を楽しみつつ。実はそれしか指定席がなくて…


マリンライナー


宿泊は高松駅直近のホテルで3泊。
島への移動はツアーを予約して17日、18日の二日間。17日はチャーター船で大島・女木島・男木島をめぐり、18日は大型フェリーで小豆島へ。

水上タクシー

島に行かない二日間も、四国村・北浜、栗林公園と、怠け者のネコパパには珍しく精力的でした。
四国村に出向く時に乗った琴平鉄道も味わいがあったし…一日、一万歩は歩きましたね。怠けようにも、元気活発なアヤママと一緒ではね。

琴平鉄道

4日間、好天に恵まれ、暑かったし、疲れたけれど、楽しい旅になりました。というわけで、何回かに分けて見聞したこと、考えたことを報告していきます。

海岸線

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメント(2)
列車の横でVサインをしている男性がネコパパさんですか?
あるいは知らない人ですか?

不二家憩希

2019/08/30 URL 編集返信

yositaka
一見、人間のようですが
不二家憩希さん
自分というのは、実は、もっとも知らない人かもしれません。

yositaka

2019/08/30 URL 編集返信

コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

yositaka

Author:yositaka
子どもの本と、古めの音盤(LP・CD)に埋もれた「ネコパパ庵」庵主。
娘・息子は独立して孫4人。連れ合いのアヤママと二人暮らし。

ご訪問ありがとうございます

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR