レコードは時代の証言者~「演奏史譚 1954/55」

クラシック音楽ファンにとって、大変興味深い本が出版されました。
定年後は「レコード芸術」の購読もやめ、出費を抑えた(つもり)の生活をしているネコパパですから、3200円の出費はキツイ。
でも、目次を見たら、どうにも買わずにいられませんでした!



 
演奏史譚 1954/55  クラシック音楽の黄金の日日 
 
クラシック音楽界が最も熱かった激動の2年間を、のこされた音源 をもとに再現する、壮大な歴史絵巻……!
 
著者       山崎 浩太郎
出版年月日           2017/03/23
定価       本体3,200円+税
アルファベータブックス
 
■目次
 

第一部 一九五四年

第一話   ニューヨークの吉田秀和
第二話   トスカニーニの《仮面舞踏会》
第三話   カラス、カラヤン、そして
第四話   RCAのステレオ録音開始
第五話   メキシコに死す~クレメンス・クラウス~
第六話   去りゆくマエストロ~トスカニーニ最後の演奏会~
第七話   バルトークの墓~ニューヨークのアヅマ・カブキ~
第八話   リリー・クラウスと『戦場のメリークリスマス』
第九話   バックハウス、東へ
第十話   来朝楽人の春、指揮権発動の春
第十一話  『シベリヤ物語』と《森の歌》
第十二話  二曲の交響曲~ショスタコーヴィチとムラヴィンスキー~
第十三話  荘厳な熱狂~パリのフルトヴェングラー~
第十四話  テルアビブの人々
第十五話  モンテヴェルディ事始
第十六話  ターリヒと「プラハの春」
第十七話  レッグ・ザ・プロデューサー~ウォルター・レッグとレコードの世紀~
第十八話  オイストラフ、西へ
第十九話  デッカのステレオ録音開始
第二十話  ロジンスキーとウエストミンスター・レーベル
第二十一話 クレンペラーの帰還
第二十二話 ブルックナー事始
第二十三話 ザルツブルクの小枝
第二十四話 九十四丁目の孤独~ホロヴィッツ~
第二十五話 死ぬことを拒否したオーケストラ~シンフォニー・オブ・ジ・エア~
第二十六話 ハリウッドより~ハイフェッツとコルンゴルト~
第二十七話 バーンスタインとテレビの時代
第二十八話 アメリカの好青年~クライバーン~
第二十九話 原爆を許すまじ~ケンプとゴジラと第五福竜丸~
第三十話  フルトヴェングラーの死
第三十一話 砂漠~吉田秀和と別宮貞雄~

第二部 一九五五年
  
第三十二話 メトの黒人歌手
第三十三話 「神童」~渡辺茂夫とプリさんグルさん~
第三十四話 ここに泉あり~群馬交響楽団の夢~
第三十五話 大阪にオペラを~朝比奈隆と武智鉄二~
第三十六話 嵐の前~ジョルジュ・シフラ~
第三十七話 カラヤン、玉座に
第三十八話 ディーヴァの降臨~ヴィスコンティとカラス~
第三十九話 オイストラフ来日~仕掛人、小谷正一~
第四十話  ショパン・コンクールの人々
第四十一話 銀二ミラノへ行く~山根銀二とスカラ座のカラス~
第四十二話 一九五五年のバッハ(一)~アンスバッハのリヒター~
第四十三話 一九五五年のバッハ(二)~グールド登場と若者の世紀~
第四十四話 一九五五年のバッハ(三)~プラードの「聖者」カザルス~
第四十五話 バイロイト・オン・ステレオ
第四十六話 二つのベルリン、一つのウィーン
第四十七話 「バイロイトの第九」発売

エピローグ 一九五六/五七年、王は死せり


■アルファベータのホームページより

フルトヴェングラー死去、トスカニーニ引退… 19 世紀生まれの巨匠たちは去り、カラヤン、バーンスタイン、マリア・カラスらが頂点に立った冷戦の最中。東西両陣営の威信をかけて音楽家たちは西へ、東へと旅をする。ステレオにより「レコード」黄金時代が到来しグールドという新世代のスターが誕生。――――その時、吉田秀和、山根銀二は何をみて、きいたのか。
 
■レコードは時代の証言者
 
ノイエ・ザッハリッヒカイトの演奏を尊び、20世紀の現代音楽の動向に注目と期待を掛ける吉田秀和。
左翼文化人として、民衆の立場に立った音楽のあり方を基準線として音楽を受け止める山根銀二。
当時困難だった欧米諸国の音楽を自分の目で、耳で確認しようと、二人の評論家は音楽の旅に出発した。吉田、1953年。山根、1955年。
筆者、山崎浩太郎は言う。


「二人が遺した旅行記には、トスカニーニとフルトヴェングラーが舞台から姿を消し、代りにカラヤンやマリア・カラス、カール・リヒターなどが頭角を現して、大きく転換していくクラシック音楽の現場が、鮮やかに描き出されている。この時代の音楽家たちが生きるのは、日本も含めて東西冷戦の厳しい対立の下にある国々であり、その活動に政治状況が暗い影を落とすことも少なくない。一方、その背後ではステレオ録音の開発が進み、レコードの写実性も、そして魅力も、大きく可能性を拡げようとしていた。またラジオとテープ録音の普及は、吉田や山根が見聞した実演の多くを、レコードとして後世に伝えてくれた」

「一九五四年と五五年。二十世紀の半ばを過ぎたばかりの――二十・五世紀と呼ばれたりした――この二年間には、過去を締めくくり、未来を予告する、つまり百年間の過去とえ未来を凝縮した『現在』がある」

本書は、二人の評論家の楽旅を横軸に、山崎が収集した当時の音源の数々や歴史的事実を縦軸に、枚数を固定した、一話完結の「話」が次々に語られていく。
データそのものに語らせる手法は中川右介の著作に一脈通ずるが、時代の証言としてのレコード紹介と、演奏へのコメントにもウエイトを置いているところが大きな違いだ。
 
1954年10月、上機嫌で『ワルキューレ』全曲録音を完成させたフルトヴェングラー。
しかし、ベルリン・フィルのアメリカ・ツアーを目前にして、急激に体調を崩し、
「死にいたる病状」でないにも関わらず、不安から永遠に逃れた。



1955年2月、ダヴィッド・オイストラフ来日公演実現のため、ソビエト当局に直談判して来日を実現させたのは、民放ラジオのディレクターだった。
しかし、ソ連の「人民芸術家」に似合わぬ高額のチケット代に反発した学生団体は、オイストラフ本人と交渉して200円のコンサートを企画する。
怒ったディレクターは、押し問答の末、ついに中止させるが、それに批判が集まると今度は彼が東京体育館で100円のコンサートを追加開催したのだった。



そして、ウィーン・フィルの1956年アメリカ演奏旅行をめぐる指揮者交代劇。

1956年のウィーン・フィルのアメリカ・ツアー直前、
54年に死去したフルトヴェングラーに代わって渡米が決まっていた指揮者エーリッヒ・クライバーは、宿泊中のホテルで不慮の死を遂げる。
1956127日。モーツァルトの誕生日だった。
そのとき楽団長シュトラッサーの頭をよぎったのは、前日26日に行われたシューリヒトの演奏会である。
楽員全員が絶賛した「ハフナー」が演奏されていた。
山根銀二も聞いていて絶賛したその日の名演が、交渉の決め手となった。
シューリヒトの名を一躍広めたこのツアー最後の演奏会は、1956年12月10日、国連会議場で行われる。ここでも「ハフナー」が演奏された。
会議場の外では、ハンガリー動乱でのソ連軍の武力弾圧を非難するデモが行われていた…



 

ドラマティックなエピソードが満載された本書を読みながら聴くと、手持ちの音盤が一段と意味あるものとして響く。
この時代のヒストリカル音盤を愛聴する人には、
またとない、ご馳走のような一冊である。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメント(6)
No title
こんにちは
はじめまして
気になる記事満載ですね

E.I

2017/04/21 URL 編集返信

No title
> E.Iさん
ようこそE.Iさん、リンクもありがとうございます。これからもよろしく。
これは中身の詰まった本で、筆者の収集した資料を考えると、この価格でもよほど売れないと採算は取れないかもしれません。たいへんな労作ですね。何度も読んで、中身を消化したいと思います。

yositaka

2017/04/22 URL 編集返信

No title
お邪魔します。

これは面白い本のご紹介をいただきました。労作ですねえ。

最近ちょうど、吉田秀和『音楽紀行』を文庫版に買い替えたところです(図版満載の旧版はオークション行き予定…)。

資料といえば、貴ブログともご交流のある、みっちさんのブログで、英Deccaの総ディスコグラフィーを目指した浩瀚なドキュメントPDFが紹介:
mitchhaga.exblog.jp/19670205/
されていて、大興奮でダウンロードしました。

『演奏史譚』は、古書で安くなったら、といたしましょう(汗;;)。
まずは、原版を積ん読にしていた吉田氏の『音楽紀行』を読む予定です。

シューリヒトの国連コンサート、現在は Archipelが出しているんですね。う~ん、欲しくなったり…。

へうたむ

2017/04/23 URL 編集返信

No title
> へうたむさん
吉田秀和『音楽紀行』は非常に面白い本です。この時代の吉田は自己主張が激しく、本書でも述べていますが当時の「古典と20世紀音楽を持ち上げ、後期ロマン派を軽蔑する」価値観を色濃く持っていました。彼の価値観と欧米の音楽会の実情が時には共鳴し、時には軋み合って、スリリングです。
シューリヒトの国連コンサート、熱演とはいえ会議場の音響はデッドで、あまり心地よく聴けるとは言えません。でも、Archipel盤は随分安いですね。これなら…

yositaka

2017/04/23 URL 編集返信

No title
「演奏史譚 1954/55」 大変興味深い部分もありましたが,朝比奈隆がブルーノヴァルターのリハーサルを見学した時の模様について触れていない事がちょっと残念でした.

yamazaki

2017/05/08 URL 編集返信

No title
> yamazakiさん
コメントありかとうございます。

その模様は「朝比奈隆音楽談義」(1978芸術現代社)という本に掲載されていましたね。同書には朝比奈のヨーロッパでの見聞が詳しく語られていて、のちの対談本とは趣を異にしています。
彼の著書の中で最も重要なものと思いますが、「演奏史譚 1954/55」にはあまり触れられていないのが惜しいですね。

yositaka

2017/05/09 URL 編集返信

コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

yositaka

Author:yositaka
子どもの本と、古めの音盤(LP・CD)に埋もれた「ネコパパ庵」庵主。
娘・息子は独立して孫4人。連れ合いのアヤママと二人暮らし。

ご訪問ありがとうございます

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR