加川良氏の死去の報を聞いて「教訓1」を思う

往年のフォーク歌手、加川良氏が亡くなられた。
ネコパパが中学生の時代は、日本のフォークソング黎明期で、ネコパパも仲間の勢いに遅れまいと深夜放送を聞いた口だ。
そんな世代にとって、この人の名は懐かしい響きを持つだろう。



 
フォークシンガー加川良さん死去 69歳、白血病
記事提供:日刊スポーツ
2017年4月5日

 
 フォーク歌手の加川良さん(かがわ・りょう=本名小斎喜弘)が5日午前9時39分、急性骨髄性白血病のため、都内の病院で死去した。69歳だった。

 所属事務所によると前日4日夜に容体が急変。妻富士子さんと長男のミュージシャン元希が見守る中、息を引き取った。葬儀・告別式は親族のみで行い、後日、追悼ライブを開く予定。喪主は長男元希(げんき)が務める。

 昨年12月、山梨県の病院に入院し、予定していた公演の延期を発表。公式ホームページに「今しばらくの入院生活となりそうです」と自筆でつづっていた。闘病中も、昨年発売したアルバム「みらい」について「もっと世の中に広げてほしい。セールスをよろしく」と気に掛けていたという。

 70年フォーク野外コンサート「中津川フォークジャンボリー」で披露した「教訓1」が評判を呼び、翌71年にデビュー。吉田拓郎(71)らとともに70年代のフォークブームをけん引し、日本フォーク界の先駆け的存在だった。松山千春(61)は小学生のころから加川の曲を口ずさみ、「オレの音楽のルーツ」と公言。カバーアルバムに加川の曲を収録するなど多くのミュージシャンに影響を与えてきた。
 

ネコパパにとって、この人は「教訓1」の人だ。
これは二重の意味で、忘れ難い歌である。
 
『教訓Ⅰ』
作詞:上野瞭/加川 良 
作曲:加川良


命はひとつ 人生は一回 だから命をすてないようにネ
あわてるとついフラフラと御国のためなのと言われるとネ

青くなってしりごみなさい にげなさい かくれなさい

御国は 俺達が死んだとて ずっと後まで残りますよネ
失礼しましたで終わるだけ 命のスペアはありませんヨ

青くなってしりごみなさい にげなさい かくれなさい 

命をすてて男になれと 言われた時には ふるえましょうヨネ
そうよ 私しゃ 女で結構 女のくさったのでかまいませんヨ

青くなってしりごみなさい にげなさい かくれなさい 

…(以下略)
 
ひとつは、歌の意味。
声高なプロテストソングではなく、当時の歌に特有な青っぽい感傷もない。
普段の言葉で、率直に、しかし生きるための希求を歌ったものである。

「女のくさったので」云々は、確かに現在のジェンダー感覚では、まずいかもしれないけれど…
しかし、なんと今日的な内容だろう。
この歌が1970年、岐阜県中津川フォークジャンボリーで歌われて注目を集めた、その当時よりも、
2017年の現在の方が、一層リアルな現実として迫ってくる気がする。
ネコパパは現在もI-PODにこの曲を入れている。
車中ではこの機器をいつもシャッフル状態にして、聴きたくない曲はどんどん飛ばすという傲慢な聴き方をしているのだが、
たまさか、この曲がかかると「飛ばす」ことは決してしない。いつだって歌詞をかみしめながらじっくりと聞く。そして

あわてるとついフラフラと…

まずいことをしていないか、自分に問いかける。

 
もうひとつは、作詞者。
現在も、各種サイトには
作詞:加川 良
としか書かれていないものが多い。ファンのみなさんも、あるいはそう思っている人も多いかもしれない。
けれど実は、この歌詞は、上野暸の著作からの「引用」がもとになっている。
その著作とは『ちょっとかわった人生論』(三一書房・1967)の中の、「戦争について」に含まれた「教訓ソノ一」だという。

上野暸。
この人の名を読んだり、書いたりするとき、ネコパパは心なしか、緊張する。
日本の児童文学の分野で掛け替えのない足跡を残したひとりであり、
ネコパパに児童文学の「存在すること」を確信させた人である。
彼の著作に出会わなかったら「児童文学依存症」を自称することも、このようなタイトルのブログを開設することもなかっただろう。




加川良は、1972121日上野暸宅に出かける。

歌詞の「無断引用」もしくは「盗用」を謝罪するためである。
この件については上野暸『日本のプー横丁』(光村図書1985)に詳しい。
 
上野は、加川良という歌手を知らなかった。
作詞のいきさつも、歌そのものも、それがシンガー・ソング・ライターとしての加川良を人びとに知らしめることになったことも、全く知らなかった。
加川自身は、承諾を得ず歌い続けていることに、一定の呵責を感じ続けていたようだ。やがて他の歌手がこれをカヴァーする話が持ち上がり、このことが発表2年後の「おわび」に繋がることになる。

以下、『日本のプー横丁』から引用。


 イーヨーは、その歌を聞いたことがなかった。くわしい事情を聞いても仕方がないという気持ちになっていた。現に一人の若い歌手がうたっている。うたうことで自分の生き方を確かめようとしている。それがたまたま、イーヨーの書いたものであった。

(中略)イーヨーは、自分が誰かから「盗作」されるような「もの書き」とは夢にも思わなかった。
それは考えられないことだった。
「たとえそうだとしても、曲をつけたのはあなたでしょ。書き言葉と歌は違いますよ。ぼくが、いくらいい言葉を書きつらねたとしても、それは活字となって特定の読者にとどくだけや。歌は異質の文化ですよ。ま、これからは、ぼくのどこそこより採った……という一行を、入れておけばいいだけやないのかな」

(中略)それが、どれほど受けいられた歌なのか、どんなふうに人びとのあいだを駆け抜けていったのか、イーヨーにはわからない…
 
発表2年後に、自作として発表した自分の歌の「ほんとうの原作者」に「おわび」にいく加川。
そんな彼を「うたうことで自分の生き方を確かめようとしている」と肯定的に受け止める上野。
二人の出会いはこの一度きりである。

ネコパパは、幸運にも、上野暸の話をじかに聞く機会が何度かあった。
日ごろは穏やかな表情や口調を崩さない上野だったが、ただ一つ、人が変わったように厳しい口調で語った話題がある。自作の映像化作品、映画やテレビドラマについて話す時だった。
「書き言葉と歌は違いますよ」などという物わかりの良さは微塵も感じられなかった。そこからすると、上野の加川良に対する寛大さは不思議に思えてくる。
「おわび」の際、加川は件の曲が収録されたLPを残し、上野はそれを聴いた。
感想は書かれていない。ただ好意的に聞いた気がするのは、
「どんなふうに人びとのあいだを駆け抜けていったのか」
という一言のせいかもしれない。

二人の小さな心の歩み寄りによって、この歌が残った。

これを機に、引用元となった「幻の一冊」が復刊されることも期待したい。ぜひ読みたい!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメント(2)
No title
加川良さんが亡くなられたのを知りませんでした....

懐かしいです。
悲しいです....

教訓!聞かせていただきました。。

nam**t7

2017/04/10 URL 編集返信

No title
>ナミントさん、ようこそ。
新聞での扱いは、ごく小さなものでした。
当時熱心に聴いていた世代にとっては、寂しいことです。
あのころは主観的には、歌うことと生きることが直結していた時代でした。
価値観の多様化した、というよりも混迷泥沼化した今となれば、そのほとんどは甘っちょろい感傷だったり、錯覚だったのかもしれませんが…それでも。

yositaka

2017/04/10 URL 編集返信

コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

yositaka

Author:yositaka
子どもの本と、古めの音盤(LP・CD)に埋もれた「ネコパパ庵」庵主。
娘・息子は独立して孫4人。連れ合いのアヤママと二人暮らし。

ご訪問ありがとうございます

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR