エーリッヒ・クライバーの田園④1955年、プラハの春でのライヴ録音盤

今回もエーリッヒ・クライバーの『田園』をとりあげる。
録音は英DECCAに2種類、放送録音で3種類が正規盤として発売されている。
このうち②は未架蔵。
 
①ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団 1948.2.2425 キングズウェイホール 英DECCA
②北西ドイツ放送交響楽団 1953.1.29 ハンブルクでの放送録音 仏TAHRA
③アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団 1953.9 コンセルトヘボウ 英DECCA
④ケルン放送交響楽団 1955.4.4 ケルンでのライヴ録音 仏TAHRA 英Medici Masters
⑤チェコ・フィルハーモニー管弦楽団 1955.5.20 スメタナホールでのプラハの春国際音楽祭ライヴ録音 英IMG



 
今回は⑤
大クライバーが残した、いまのところ最後の『田園』の録音だ。
この演奏の特徴は、前半と後半の印象がずいぶん異なっていること。
特に前半は、いままで聴いてきた3種類とは、かなり違う趣をもっていると思う。

楽章(9:33)
冒頭のテーマはつぶやくようにそっと。
重心の低い音、フルートが引っ込みがちで弦楽、とくに低弦の強いバランスになっていて、音彩の豊かさが特徴だった既出盤とは一味違っている。
弦楽はストレートな奏法で、アクセントをつけたり、クレシェンドを目立たせたりすることはなく、すっきりと弾かれる。
その一方、フォルティッシモはかなり強靭で、「枯れた演奏」とは感じられないが、この指揮者としては、淡々とした演奏になっている。

2楽章(14:36)
テンポは遅め。
録音のせいもあるのか、第1楽章以上に、音が太くてぼってりとした感じがあり、この楽章の曲想とはちょっと合わないところも。
オーボエはぼけ気味で、ファゴットのソロもチェロに溶け合って区別ができない。
熱い曇り空の下で、川岸を物憂げに散歩するベートーヴェンだ。所々で、溜息のように音を弱くするのも、陰鬱な感じを強める。
コーダの小鳥の歌は、エーリッヒの録音中、もっとも遅いかも。
会場雑音がやや目立つ。

3楽章(5:22)
目が覚めたように、活気ある演奏に転ずる。
弦楽の勢い、リズムの刻みの鋭さ。
これまで背後に回っていたオーボエ、ホルン、ファゴットが、突如前面に出て躍動する。
ここは、チェコのオーケストラのローカル色が濃厚だ。得意とする曲想が、彼らの表現意欲を喚起したのかもしれない。
この好調が、最後まで途切れずに続くのである。
トリオはインテンポで進むが、重量級の轟音をかき鳴らす。次楽章への経過句では、音圧を高め一気に加速。

4楽章(3;28)
ここでも弦の刻みの勢いが強烈だ。
しかし盛り上げ一本ではなく、細かな強弱を巧みに付けて、暴走を避けている。細部にこだわるエーリッヒの面目躍如だ。
フィナーレへの経過句では、弦の音色が暗から明に一気に変わっていくのが聴きもの。
チェコ・フィルの弦楽パートの腕が鳴っている。

5楽章(10;46)
フルート、オーボエがフレーズの音を切りながらテーマを奏でる。
一旦落ち着きを取り戻した弦楽が、曲が進むにつれて感情移入の度合いを高めていく。「田園」らしい、自然への感謝の歌が聴こえてくる。
ここまではヴァイオリンが中心で、ヴィオラ、チェロ、コントラバスはどちらかと言えば背後に回っている感じだったのが、このフィナーレでは全パートが共感音圧を高め、前に出てくる。
全員がピークに達したところで、堂々たる終結がやってくる。

録音の鮮度もいま一つで、全曲の完成度という点では物足りなさもあるが、
大クライパーの『田園』の中では、最もライヴの臨場感を味わえる録音と言ってよいのではないだろうか。
前半に感じられる憂愁は、これが最晩年の録音であることを思うと、じわりと響いてくるものがある。


当録音は「20世紀の偉大な指揮者たち」というシリーズの一枚に収録されたものである。2枚組CDの選曲は、なかなか珍しい音源が多く興味深い。オマケとして引用しておきたい。

GREAT CONDUCTORS OF THE TWENTIETH CENTURY9: ERICH KLEIBER 


Franz SCHUBERT (1797-1828) Symphony no. 5 in B flat, D.485 (1) 
Ludwig van BEETHOVEN (1770-1827)Symphony no. 6 in F, op. 68 –"Pastoral" (2) 
Wolfgang Amadeus MOZART (1756-1791)Symphony no. 40 in G minor, K.550 (3) 
Richard STRAUSS (1864-1949)Till Eulenspiegels lustige Streiche, op. 28 (4) 
Antonín DVOŘÁK(1841-1904) "Carnival" – Concert Overture,op. 92 (5) 
Josef STRAUSS (1827-1870)Sphärenklänge, op. 235 (6) 
Johann STRAUSS (1825-1899) Der Zigeunerbaron: Overture
(7)  

Johann STRAUSS (1825-1899)Duund Du, op. 367 (8)

 
Czech Philharmonic Orchestra (2), 

London Philharmonic Orchestra (3, 5, 6, 7), 
Sinfonieorchester des Norddeutschen Rundfunks (1, 4),

Vienna Philharmonic Orchestra(8)


Erich Kleiber


Locations: Musikhalle, Hamburg, live (1, 4), 

Kingsway Hall, London (3, 5, 6,7), 
Konzerthaus, Vienna (8), 

Smetana Hall, Prague, live (2) 
Dates: 3.2.1929 (8), 20.2.1948 (6, 7), 21.2.1948 (5), 25.4.1949 (3), 29.1.1953(1, 4), 20.5.1955 (2) 


EMI CLASSICS CZS 5 75115 2 [2 CDs: 68’ 10", 67’ 47"] 


関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメント(4)
No title
こんにちは。クライバーの亡くなる8か月位前の録音ですね。
私の持っているのは③のコンセルトヘボウOとの53年盤ですが、このチェコPOとの演奏は、完成度はイマイチとしても最晩年の録音で、ライブの臨場感も聴かれるとの事。ちょっと聴いてみたくなる演奏のようですね

HIROちゃん

2017/03/10 URL 編集返信

No title
> HIROちゃんさん
コンセルトヘボウOとの53年盤はやはり他を圧倒しています。エーリッヒの『田園』の代表盤と断言していいと思います。このチェコ・フィル盤は録音が今一つなのが残念ですが、第3楽章の活力に満ちた表現は、ちょっと他の盤では聴けないですね。
今度クライバーの大きなボックスセットが出ることになり、その中になんと、ミュンヘン・フィルとの『田園』が入っています。大いに気になるところですが、これ一枚の為に入手するというのも…もうしばらく静観したいと思います。

yositaka

2017/03/10 URL 編集返信

No title
このディスクも欲しくなってきますねえ^^;。

「2ちゃんねる」の掲示板のひとつには、このライヴのチェコ・フィル盤のほうが53年の Decca盤よりいきいきしていてよい、ということを書き込んでいる人がいました。

『20世紀の偉大な指揮者たち』には、まだネット・オークションで安く求められるアイテムもけっこうありますので、物欲がそそられて困ります;;。

へうたむ

2017/03/11 URL 編集返信

No title
> へうたむさん
第3楽章以降については「 Decca盤よりいきいきして」いる、という見方も確かに成り立つのではないかと思います。でも録音まで含めると…ファースト・アイテムとはちょっと向かないのでは…あとは個人の判断ですが。

yositaka

2017/03/11 URL 編集返信

コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

yositaka

Author:yositaka
子どもの本と、古めの音盤(LP・CD)に埋もれた「ネコパパ庵」庵主。
娘・息子は独立して孫4人。連れ合いのアヤママと二人暮らし。

ご訪問ありがとうございます

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR