NHKほっとイブニング、蓄音機カフェ エヂソンから生中継



NHKTV「ほっとイブニング」(名古屋放送局)枠内で、

蓄音機カフェ エヂソンからの生中継放送が行われます。




放送予定の内容です。

■放送時間 2017年3月6日(月) 18:10~19:00

【防災企画】津波に備える小学校

東日本大震災から間もなく6年。
愛知県西尾市の海岸近くにある小学校が、津波被害に備えて行っている取り組みをリポートします。

【中継】懐かしくも新しい蓄音機カフェ

今ではあまり見られなくなったSP盤。
その臨場感を再現し聴くことができる蓄音機があるカフェが名古屋市にあります。
今でもSP盤の音を求め人々が集うカフェから中継でお伝えします。


東海三県で視聴可能なみなさま、もしよろしければご覧ください。
ちなみに、ネコパパは出ていません…
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメント(9)
No title
おはようございます♪♪

残念!! 名古屋地区限定放送ですか?

関東地区でも放映して欲しいです。\(^o^)/

私の親戚も職人としてNHKTVに出た事が
ありますが、取材 半日 放映 5秒 でした。
(笑)

ではでは

Yさん

2017/03/06 URL 編集返信

No title
> Yさん
大きめの新聞記事にはなるし、今度はNHK。いやあ、びっくりです。たった15席の小さなお店ですので、行列とかできるのも、それはそれで心配ですね。
実はテレビ搭近くにも歴史ある、アナログレコードだけ聴かせているジャズ喫茶がありまして、民放TV番組で紹介されたのです。それ以来、開店前からお客さんが待っていて、すぐ満員です。
昔に比べてTVの影響力は減ったとは思うのですが、それでも注目度は高いと思います。さて、どうなるのでしょう。

yositaka

2017/03/06 URL 編集返信

No title
エヂソン大したものですね。
アンナログはのんびりできていいですが、でも、ちょっとNHKで取り上げないかしら(師匠、忙しくなるのもお気の毒ですが)。
今、柳家金語楼の昔の新作「落語」LPを聴いています。彼は、自分の話を「落語」と発言しています。

シュレーゲル雨蛙

2017/03/06 URL 編集返信

No title
> シュレーゲル雨蛙さん
昔の新作「落語」…というのも意味深い言葉ですねえ。柳家金語楼、懐かしい。「ジェスチャー」とTVの15分落語でしか聞いていませんが。
「エヂソン」の三人店主はやる気に満ちています。昨晩も出向いて、サロンコンサートの打ち合わせをしてきたんですが、お客様たちといつも薀蓄話になります。
そういうお客さんたちがどんどん集ってくる場所になりつつありますね。さて、TV放送で、どうなるか。

yositaka

2017/03/06 URL 編集返信

No title
開店前は、「男の隠れ家」でしたが、メディアに紹介されてから行ったら「団塊女子団」で満席でした。
恐る恐る勝太郎の「三階節」をかけて頂いたら「勝太郎さん、懐かしい」で拍手・・・私と店主さんは、意外な反応にポカーンとしていました。SPを聴いた事のある人は、「ジャンル」をといませんね。

チャラン

2017/03/06 URL 編集返信

No title
> チャランさん
蓄音機そのものの存在感が大きいので、再生する音楽そのものの存在感も増すと思います。3分間または5分間の濃密な時間が記録されていて、一回ごとに針を交換する。これを克服するのが100年間のオーディオの進歩だったわけですが、「濃密な時間」は置き去られてしまったのかもしれませんね。

yositaka

2017/03/06 URL 編集返信

No title
みなさん、無事、放送されました。
18:30分から7分間の中継で、エジソン蓄音機、ポータブル蓄音機、メインシステムのHMV163と、三つの蓄音機を再生しながら、勝原さんがコメント。お店の雰囲気もよく映し出されていて、いい番組枠になっていたと思います。
さて、反響は?

yositaka

2017/03/06 URL 編集返信

No title
今日、検診センターの帰りに立ち寄りましたら、店の前に年配の方がいらしたので、「一緒にはいりましよう」といったら「場所の下見にきました」と仰っていました。皆さん蓄音機の魅力に惹かれているようですね。それと朝日新聞も取材にきたそうです。
次回コンサートの予約に私の名前が無く、残り3名にぎりぎり入りました。

チャラン

2017/03/09 URL 編集返信

No title
> チャランさん
下見ですか~外から見ると、地階にドアだけですので初めてですと入りにくいのかもしれませんね。蓄音機の存在感が人々を惹きつけている気がしますね。
サロンコンサートのために先週試聴させてもらいました。
蒲郡コレクションの状態、良好です。
1926年録音のストコフスキ「美しく青きドナウ」がすばらしい音で再生されました。
HMV163は、1927年発売の電気録音対応機ですから相性はばっちりのようです。

yositaka

2017/03/09 URL 編集返信

コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

yositaka

Author:yositaka
子どもの本と、古めの音盤(LP・CD)に埋もれた「ネコパパ庵」庵主。
娘・息子は独立して孫4人。連れ合いのアヤママと二人暮らし。

ご訪問ありがとうございます

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR