25万円問題ー海外の記事でみると

内田樹さんのブログで、先日取り上げた衆議院予算委員会のやり取りについて記事が出ていました。
このブログは引用自由とされていますので、そのまま、ごそっと掲載したいと思います。


ルモンドの記事から
 
1月11日付けのLe Monde 紙が安倍首相の予算委員会での「パートで月収25万円」発言について、かなりきびしい口調で報道している。経済政策の破綻の理由が政策選択の適否ではなく、政治指導者たちが「国民生活の現実を知らない」ことに由来しているのではないかという疑念を私たちは海外メディアに突きつけられている。
 
記事はここから。




 
フランスの指導者はバゲットの値段やメトロの運賃の話を苦手とするが、日本の安倍晋三首相は国民の収入についての話が苦手である。1月9日の衆院予算委員会で安倍首相は野党から、2012年の政権復帰以後の実質賃金の低下について質問を受けた。
答弁として、首相は「経済の建て直しと雇用の増大」に言及して、その文脈で「パートタイムでの雇用に従事する人が増え」、それが平均賃金の低下をもたらしたと説明した。
たとえ話として、彼は想像上の「安倍家」を持ち出し、その夫はサラリーマンで月収50万円、その妻はパートで働いていて月収25万円。「この場合、平均賃金は下がる」と首相は説明した。
 
彼の説明には説得力がなかった。
とりわけ彼が挙げた数字が現実と乖離していたからである。
厚労省によれば、従業員5人以上の企業におけるパートタイム労働の平均賃金は月額96、638円。サラリーマンの平均給与は352、094円である。
 
首相の発言に対する反応はすぐにネット上に現れた。
「パートタイムで月収25万円?ありえない。私は週6日、休みなしで働いて、残業して、それで15万円。」
「パートの平均時給1000円で一日8時間働いたとして、25万円稼ぐためには月に32日働かなくてはならない」
 
安倍首相は「国民生活の現実から切り離されている」という指摘もある。
「政治家一家に生まれ、銀のスプーンを咥えて育ってきたのだから」
彼の母方の祖父は1950年代末の首相だった岸信介、父は外務大臣である。
 
これだけ反応が激しかったのは、日本の労働者の37.2%が生活の先行きに不安を抱いているからである。
日本では貧困化が進行している。
すでに日本はOECD最貧国ランキングの6位であり、平均賃金の半分以下という貧困層は2013年に16%に達した(フランスは8.1%)。
生活保護受給者は増え続け、2015年には163万世帯が受給者となった(2年前は159万世帯)。
 
Philippe Mesmer (東京特派員)

<ネコパパのつぶやき>

安倍首相にこの記事を見せたら、きっと
「だからこそ経済活性化や雇用拡大、賃金増にむけて努力しているんですよ。その成果は着々と出ています。数字はこれこれで。自民党だからできるんです」
と同じ返答をすることでしょう。
また、それに拍手する人もいることでしょう。

でも、しつこいようですが、やっぱり言いたいですね。

拍手しない人、できない人には、どのような言葉で「分かりやすく説明」し、納得してもらうつもりなのでしょうか。
その言葉の持ち合わせはあるのでしょうか。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメント(2)
No title
アベノミクスなるものは、ひたすら企業収益の拡大に精力を費やしており、その収益の労働分配率は、口ではいろいろ言っても、税制等にまで触れる再分配には口を閉ざします。
こういう国会答弁をする安倍もお粗末であるとは思うのですが、こういう答弁原稿を書いたであろう官僚の劣化のほうが気になります。

それよりも、NHKの国会中継をいくつか見ておりまして、野党、とりわけ民主党に対する下品な批判が、見ていても品性を疑わせるものがあります。
そして、携帯電話料金の引下げをとくとくと手柄として語るさまを見ておりますと、市場での競争が万能ではないことには一切触れず、見事にポピュリズムの見本のようなことをやっています。

アメリカのトランプを見ていますと、下品さにおいて安倍との差はさほどないようにも思えてしまうのです。

gustav_xxx_2003

2016/01/19 URL 編集返信

No title
グスタフさん、答弁原稿を読み上げるのは当然として、データ意外の部分は本人の認識が大きくものをいうところだと思います。小泉首相の答弁は劇団四季の創設者である劇作家の浅利慶太が草稿を書いていたという話を聞いたことがあります。その真偽はともかく、公に事を話すならば、それくらいの言葉に対する繊細さが必要ということでしょう。それは市民の立場に共感する繊細さと、根本的には同じものだと思います。
野党はその性格上、言い過ぎるくらいの言動を行っていく責務があると思いますが、対する与党が品性を疑う言動で応えるようでは困ります。そもそも会議の場で与党内部からまともな反論や修正意見がない状況なのが問題です。下品な態度は党派の主張とは別問題。内部からの自浄の動きがあっても当然のことと思うのですが。

yositaka

2016/01/19 URL 編集返信

コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

yositaka

Author:yositaka
子どもの本と、古めの音盤(LP・CD)に埋もれた「ネコパパ庵」庵主。
娘・息子は独立して孫4人。連れ合いのアヤママと二人暮らし。

ご訪問ありがとうございます

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR