• 国内盤に使用された英DECCA原盤は、メタルマザーだった!
    長らく訪問させていただいているgeezenstacさんのブログに1968年の「レコード芸術」(音楽雑誌)3月号の紹介記事があるんですが、たいへん興味深い情報ほ発見しました。キングレコード製造工場の訪問記です。https://ameblo.jp/geezenstac/entry-12633384888.html当時この社が出していたクラシック盤レーベル「LONDON」は、英DECCA社の原盤を使用して製造されていたのは、かねてから知られていました。ただし、すべてがそうではなく... 続きを読む
  • 童謡のSPレコードが到着しました。
    ネコパパ、童謡をテーマにした蓄音機サロンのコメンテーターを依頼されました。かねてから興味を持っていたテーマでしたので、喜んでお引き受けしたのですが、あいにくSP盤の手持ちが少ない。偉大なコレクター諸氏の協力を得ようにも、どこから手をつけていいのか、勘所がまずわからない。こういう場合は、とにかく自分の手で触ってみるしかありません。そこで、某ネットオークションを眺めていたところ、まとめて出品されていると... 続きを読む
  • 巌本真里のソロ演奏
    なかなか聞く機会のない巌本真里のソロ演奏ですが、YouTubeにはいくつかUPされていました。巌本真里は 1979年5月11日に逝去されていますので、隣接著作権は有効。これらの動画も早期にリンク切れになる可能性もありますので、興味のある方は早めにお聞きください。中古レコードは気長に探索していくつもりです。シューベルト アヴェ・マリアシューマン トロイメライクライスラー編 ロンドンデリーの歌ベートーヴェン ロマ... 続きを読む
  • 巌本真理の評伝を読む-9歳の少女の「読書ヴァイオリン」
    巌本真理 生きる意味 山口玲子 1984.4.10新潮社   巌本真理(いわもと まり、1926年1月19日 - 1979年5月11日)は、日本の女性ヴァイオリニスト。出生時の戸籍名は巖本メリー・エステル、後に巖本真理と改名。教育者巌本善治と若松賤子の長男である巌本荘民とアメリカ人マーグリトの間の長女として東京西巣鴨に生まれ、ハーフとして差別を受けながら戦前から戦後への時代をヴァイオリンの天才少女として生きた... 続きを読む
  • 本棚には人生があるー本の達人、ふたりの対話。
    10月11日の土曜日は、ひさびさに四日市の子どもの本専門店、メリーゴーランドに行ってきました。アヤママ同伴です。年に数回は出かけていたのが、コロナ禍でイベントもレクチャーも中止となっていたためでした。今回は当店オーナーの増田喜昭さんと、名古屋の古書店、シマウマ書店店主、鈴木創さんとの対談企画。あわせて店内に併設されたカフェ内での古書市です。対談は2時開始なので、少し早めに出かけて古書を物色しました... 続きを読む
  • 「明るくマニアック」でワルター特集がライヴ配信されました!
    昨夜10月17日はちょっと興奮しました。指揮者・作曲家の徳岡直樹氏が案内を務めるYouTube番組が「ブルーノ・ワルター特集」、なんとまあ、190分超の生中継を配信されたのです。ネコパパは全部を視聴できず、聞けたのは後半の1時間そこそこかな。でも、ワルター・ファンの一人として、こんな機会はめったにない、楽しい時間でした。チャットには、浩瀚なワルターサイトを主宰されている日本一のワルター・ファン、DANNOさんも... 続きを読む
  • なんと、昭和10年の長時間レコード!
    蓄音機仲間のIWさんが、LINEでこんな音源を送ってこられたのです。昭和10年ころの発売で、33回転、片面で3曲収録されているというものです。昭和歌謡最初期の一曲といわれる「東京行進曲」が、大変綺麗な音で再生されていて、思わず聞き惚れました。でも、ちょっと待ってくださいよ。昭和10年といえば、1935年じゃないですか。当時はSP時代。レコードといえば蓄音機で再生するもので、回転速度は分速78回転。演奏時間は片面3分... 続きを読む
  • 村上RADIO、聴かなきゃ!追記あり
    次回11月14日の「音楽を楽しむ会」は村上春樹を取り上げるんですが、彼は時々FM放送のDJをやっているんです。ネコパパ、最初の二回は真面目に聴いたんだけれども、あとは聴き逃していて。そうしたら、クラシックの曲を集めた番組を最近やったっていうじゃないですか。まいったな。聞き逃し配信にも遅れちゃって、どうしようと思っていたら、10月25日の回に合わせて再放送をやってくれることになりました。こんどこそ、聴きのが... 続きを読む
  • 音楽を楽しむ会・文学と音楽②宮澤賢治
    今回は台風が愛知県に最接近。またも中止か、と思いましたが、わずかに南にそれたため、辛くも暴風警報は発令されず、無事実施となりました。とはいえ、激しい雨。そんななかで会場は満席の盛況となりました。お越しいただいた皆様、ありがとうございました。2020年第5回 10月10日(土)午前10時~12時(毎月第2土曜日開催今月のテーマ 開館40周年記念文学と音楽②宮澤賢治今回は、文学と音楽の2回目として、宮澤賢治の愛した音... 続きを読む
  • 「縮減時代」をテーマとした内田樹講演会を聞きました。
    大学から案内のメールが届いたのを見て、すぐに申し込みました。フロアーは150人、ネット参加は500人限定とのことでしたが、内田樹氏からじかにお話を聞けるチャンスはめったにないと思い、150人の枠に賭けたわけです。当選でした。以下は、当日のメモから起こした講演の内容です。聞き逃したことや誤解もあるでしょうが、そのまま書くことにします。■「越境」なんて時代遅れ?こんばんは。内田樹です。「縮減社会の新た... 続きを読む

プロフィール

yositaka

Author:yositaka
子どもの本と、古めの音盤(LP・CD)に埋もれた「ネコパパ庵」庵主。
娘・息子は独立して孫4人。連れ合いのアヤママと二人暮らし。

ご訪問ありがとうございます

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR