• 「パリのフルトヴェングラー」をLPで
    最近、やたらと「運命」(ベートーヴェン 交響曲第5番)の聴き比べ番組を視聴したので、ひさびさにゆっくり全曲を聴いてみたくなった。そこで取り出したのがこの2枚組LPで、「パリのフルトヴェングラー」と呼ばれている。1954年5月4日、パリ・オペラ座での演奏会をそのまま収録している。放送番組の聴き比べにはまず登場しない、地味な録音だが、ネコパパはとても気に入っている。評論家、吉田秀和がただいちど聴いた彼の生演奏... 続きを読む
  • またも、マニアックなNHK~「運命」聴き比べ
    タイマー録音しておいた番組のなかに「クラシックカフェ」が入っていた。NHK-FMの定例クラシック番組で、エアチェックなどめったにしないものだが、ネコパパが図書館で解説担当している「音楽を楽しむ会・ベートーヴェン特集」の参考になればと思って予約したのだろう。車の中でだらっと流していたら、たいそうマニアックな番組だった。ベートーヴェンの交響曲第5番、俗にいう「運命」の聴き比べなのだ。後でホームページで確... 続きを読む
  • 安政五年七月十一日
    1970 牧書店1982.8 偕成社(かつおきんや作品集16)ときは幕末、金沢の町で…政吉は十一歳。町で評判の髪結い、能美屋佐吉の息子だ。父親に似て一本気で正義感が強く、曲がったことが許せない。たとえ相手が侍の子でも、機敏な動きと知恵で煙に巻く。今日も、三人に取り囲まれていた町娘を助け出したところだ。町人たちがひしめき合い、元気な声が飛び交う界隈だが、話題は黒船よりも、米の不作と激しい値上がりのことばかりだ。... 続きを読む
  • また、ネコにオーディオ
    テンチョウから、またも新しいオーディオのプレゼント。ホクホクのネコパパ。今度は金色のセットです。ゴージャスだなあ。アンプの光は緑色です。しかし、今回はスピーカーも光ります。光が回転して色が変化する。実はなんと、音も出るんです。曲はグレン・ミラーのヒット曲「イン・ザ・ムード」です。ネコパパの趣味もよくわかってる!さあ、じっくり楽しみましょう。... 続きを読む
  • チコちゃんに叱られる~「なぜ指揮者は手を振る?」
    時々見ている『チコちゃんに叱られる』、8月21日の回は拡大版で、なかなか終わらないのをついぼーっと見ていたら、こんな質問が飛び出した。以下、ネットのニュース記事から、内容を引用してみよう。指揮者の動きにはルールがない? クラシックの謎にチコちゃんが迫る『チコちゃんに叱られる』で指揮者の謎について解説。実は細かなルールは存在しないようで…2020/08/22 09:00https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/... 続きを読む
  • クリュイタンスの「田園」~深い呼吸感と精緻な音作り
    ベートーヴェン 交響曲第6番ヘ長調Op68「田園」アンドレ・クリュイタンス指揮ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団日Warner +Tower Records TDSA 4(SACD)  録音:1960年5月録音会場:ベルリン、グリューネヴァルト教会プロデューサー:ルネ・シャランエンジニア:ホルスト・リンドナー第1楽章 10:23開始は遅い。フレーズは息長く、後に行くほど大きく膨らみ、ゆっくりと弱音に。これが楽章全体を通しての基本姿勢で... 続きを読む
  • ネコにオーディオ
    娘・テンチョウから、ネコパパ誕生日のプレゼントが届きました。オーディオです!アンプが光る!でも音は出ません。大きさはネコパパフィギュアにぴったりです。対象年齢7歳以上。スピーカーは3ウェイ。Wカセットにレコードプレーヤー。スピーカーの上に乗っているのはレコードです。残念ながらカートリッジはついておらず、アームも動かないのでターンテーブルには載せられない。デザイン的に昭和の香りがしますねえ。1980... 続きを読む
  • いまよみがえる伝説の名演奏…本当によみがえったのか?
    NHK交響楽団の定期演奏会が無期延期で、この番組も過去のライブラリーからの放送が中心になっている。7月は日本のオーケストラを紹介する番組が続いたが、先週はこんなものが。■番組ホームページからいまよみがえる伝説の名演奏・名舞台[NHKEテレ] 2020年08月16日 午後9:00 ~ 午後11:00 (120分)最新の映像リマスター技術により巨匠たちの演奏がみずみずしくよみがえります。カラヤン、バーンスタイン、ベーム、クライバーの名演奏... 続きを読む
  • 「動物と話せる少女リリアーネ」を読む④転換する世界観
    第7巻。第6巻でとうとう「秘密の越境」…動物と話せる力のマスコミ公表をしてしまったリリアーネは、毎日取材に押しかける記者たちや「パパラッチ」たちに悩まされることになります。そんな中、リリのもう一つの力、植物を成長させる力に目をつけ、それで一儲けしようとする男達によって、リリはイザヤと二匹のペットとともに誘拐されてしまいました。連れてこられたのは、場所もわからない山奥。友達を人質にされたリリは、やむ... 続きを読む
  • 「動物と話せる少女リリアーネ」を読む③決裂、回復、秘密の「越境」
    第5巻。リリアーネの学校にやってきた転入生ヴォルケは牧場の娘でした。リリとイザヤは誘われて牧場に出かけますが、そこで見たのは経営の厳しい現状でした。望みは牧場の大黒柱である馬術競技用の馬ストームが競技大会で優勝すること。ヴォルケの「ふたりの母」は、ベテラン調教師のエゴベルトにストームの訓練を任せています。ところがエゴベルトの違法薬物を使った暴力的な調教で、ストームはすっかり人間を憎むようになってい... 続きを読む

プロフィール

yositaka

Author:yositaka
子どもの本と、古めの音盤(LP・CD)に埋もれた「ネコパパ庵」庵主。
娘・息子は独立して孫4人。連れ合いのアヤママと二人暮らし。

ご訪問ありがとうございます

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR