ドイツ・ロマン派のヴァイオリン・ソナタをライヴで

2019/11/17         

11月15日はアヤママとコンサートに出かけました。場所は名古屋栄・電気文化会館地下のザ・コンサートホール。これです。演奏者は娘や息子が通った保育園で一緒だった方で、いわばアヤママの保育仲間のお子様です。母親同士は旧交がありますが、子どもたちはすっかり忘れているという、面白い縁です。古賀智子さん。愛知県出身。東京藝術大学を卒業後渡独し、カールスルーエ音楽大学大学院とデュッセルドルフ音楽大学大学院を優秀な...

聴き比べは楽し③

2019/11/13         

SAさんはクラシックCD愛好家なのですが、ネコパパたちの嗜好に影響されたのか、いまのところは自宅では聴けないLPを購入されたりして…ヤバい兆候が感じられます。そのなかから聴いた、パブロ・カザルス指揮マールボロ音楽祭管弦楽団、ハイドン交響曲第95番ハ短調第3楽章(1967年7月8日)。チェロの長いソロを伴った魅力作でした。チェロはおそらく主席のヘルマン・ブッシュと思われます。彼は往年の名ヴァイオリニスト、アドルフ...

聴き比べは楽し②

2019/11/12         

ロリンズを聴いて、マイルスはコルトレーンも入っていて、そうなると流れはサックスの聴き比べになってきます。聴き会参加者のSige君、SU君はサックス吹きですし、Emo君、Bassclef君、Konken君はベース弾きですが当然サックスにも詳しいし。ネコパパはホラ吹きですが。ウェイン・ショーターの入ったアート・ブレイキーの「フリーダム・ライダー」(1961)から「テル・イット・ライク・イット・イズ」フィル・ウッズの「ヨーロピアン...

聴き比べは楽し①

2019/11/11         

11月10日、ネコパパ庵に性懲りも無く集まった仲間7人で聴き会。2階の家電オーディオⅡが備えられた八畳間は、さすがに満員です。それでも、口角泡を飛ばしながら持ち寄ったレコードを聴き、論じ合うのは愉しさの限りです。さて、今回は何かと「聴き比べ」の多い一日になりました。名古屋の某中古店で買い求めたLPが素晴らしくて、仕舞いこんだレコードプレーヤーを復活させたというSU君。でも、思ったような音が出ない…それで、レコ...

音楽を楽しむ会・楽器の世界➅ギター

2019/11/10         

2019年第11回 11月9日(土)午前10時~12時(毎月第2土曜日開催今月のテーマ 楽器の世界➅ギター前回は暴風警報のため図書館が閉館となり、日時変更して実施となりました。こういう場合の連絡手段がなかなかなく、楽しみにしておられたお客様にはご迷惑をおかけしました。さて、今回のテーマは「ギター」です。ギターは、フラメンコ、フォルクローレ、ジャズ、ロック、ポピュラー音楽など幅広いジャンルで用いられるお馴染みの楽器...

スウィトナー/ドレスデンのモーツァルト、オリジナル音源がSACD化

2019/11/08         

過去の録音のSACD化に熱心なタワーレコードが、最近は東独エテルナ原盤の再発売にも乗り出している。はじめは比較的地味な音源が多く、とくに購買意欲をそそるものはなかったが、ここに来て、ネコパパにとって「本命」といえるセットの発売が予告された。以下、タワーレコードのサイトより引用。https://tower.jp/article/feature_item/2019/11/07/1110モーツァルト: 後期交響曲集(第28-36番、38-41番) 全13曲オトマール・スウィト...

「せなけいこ展」に行きました

2019/11/07         

刈谷市美術館で開催されている「せなけいこ展」に行ってきました。実は、アヤママと一緒に10月14日の日にも出かけたのですが、美術館の周りを凄い人だかりの行列ができていて、駐車場も満車。あきらめたのです。実はその日は「お子様連れ無料」のサービスディでした。でも雨もひどかったし、まさかこれほどとは…そんなわけで平日に出なおしたのです。あいにくアヤママは都合がつきませんでした。さすがに入場はできましたけれど、...

さて「文学と音楽」の人選は…

2019/11/04         

Hさんから、来年の「音楽を楽しむ会」年間計画の承認が図書館長から得られたとのメールをいただきました。というわけで、市の広報に先んじて計画案を発表させていただきます。これです。というわけで、「文学と音楽」3か月連続企画の人選は…9月、ウィリアム・シェークスピア10月、宮澤賢治11月、村上春樹以上の三名、であります。まず、まっさきに名前の浮かんだのは、日本有数のクラシックSPのコレクターであった宮澤賢治、次...