年末、「第9」を聴きました

2018/12/31         

NHK交響楽団の恒例「第九演奏会」のFM生中継を録音して拝聴しました。2018年12月22日の公演です。■速い、軽い、淡いいつもは大晦日のTV録画したものを聴いているんですが、ここ数年、どうも聞き流すことが多くなってきました。それで今度は真剣に聴こうと思ったわけです。ネコパパも、半リタイア生活で余裕が出てきたのかな。指揮:マレク・ヤノフスキソプラノ:藤谷佳奈枝メゾ・ソプラノ:加納悦子テノール:ロバート・ディーン・...

貴重!年末のSP盤特集番組

2018/12/28         

年末、SPレコードの聴けるラジオ番組を紹介します。不定期に放送されているものです。なかなか興味深い内容。関心をお持ちの方は、エアチェックのご準備を!教授の大みそか~蓄音機&SPレコード特集~ 第12弾 http://www.nhk.or.jp/radiosp/chikuonki2018/ 大みそか恒例の「蓄音機&SP特集」の12回目。今回は、1940年の幻の東京オリンピックのために作られた曲や、恒例のSPレコード紅白歌合戦を紹介します。 まろのSP日記 第20集 2...

日本児童文学学会第 57 回研究大会報告⑤ 『赤い鳥』100 年

2018/12/28         

『赤い鳥』創刊 100 年記念 公開シンポジウム(鼎談)テーマ 『赤い鳥』100 年-子どもの生活・教育・文化登壇者 横須賀薫(宮城教育大学・十文字女子大学名誉教授)増山均(早稲田大学名誉教授)加藤理(文教大学教授) それぞれ30分間の発表の後医次応答という予定で進められた。以下はネコパパのメモからの抜粋である。 教師が直面した「赤い鳥」時代の生活と文化加藤理(文教大学教授) ■富裕層の専有物だった「児童文...

日本児童文学学会第 57 回研究大会報告④魔女・動物・ソシュール

2018/12/25         

第 2 日目 研究発表Ⅱ 9:30~12:00【分科会 ②】 司会=大島丈志(文教大学) 会場: 8 号館 3 階 8302 教室① 荻原規子『西の善き魔女』におけるユーモアと批評性井上乃武(首都大学東京非常勤講師)■ファンタジーとSFのコラボレーション                                                  荻原規子「西の善き魔女」の魅力は三点に集約される、と井上氏はい...

訂正します! オイストラフの番組は4回です。

2018/12/24         

12月20日のオイストラフのFM番組についての記事で「3日連続の特集番組」とお知らせしましたが、先ほど確かめてみましたら4日目もあり、「4日連続の特集番組」の間違いでした。申し訳ありませんでした。もと記事の方は訂正済みです。https://blogs.yahoo.co.jp/izumibun/41173606.htmlお聞きになる予定、あるいはエアチェックの予定のある方はお間違えのないようにお願いします。ネコパパもさっそく4日目の録音予約をしまし...

朝比奈隆、2度目のベートーヴェン交響曲全集がSACD化

2018/12/23         

タワレコ、狙った獲物(購買者)は逃さない。朝比奈隆、SACDシングルレイヤー・シリーズ第3弾が登場。ベートーヴェン交響曲全集の1977-78年ライヴ盤です。https://tower.jp/article/feature_item/2018/12/19/1110以下はコピペ。【タワレコ限定】朝比奈隆/VICTOR原盤タワーレコード オリジナル企画ベートーヴェン交響曲全集&ミサ曲集SACDシングルレイヤー・朝比奈隆 生誕111年記念企画  700セット限定  《ライナーノート...

2019年度ウィーン・フィル、ニューイヤーコンサートの曲目解禁

2018/12/21         

新年のお楽しみ、ウィーン・フィルのニューイヤーコンサートの曲目が発表されていました。タワーレコードのHPからコピペです。https://tower.jp/article/feature_item/2018/12/07/1126毎年1月1日に行なわれるウィーン・フィルのニューイヤー・コンサート。クラシック音楽の中でも最も有名で、ウィーンの誇る黄金のムジークフェラインザールからTVとラジオを通じて世界90カ国以上に放送され、5億人が視聴するというビッグ・イベント...

NHKFM で4日連続オイストラフ特集

2018/12/20         

年末のNHK-FMの番組表を見ていたら、こんな耳よりの情報が見つかりました。4日連続、6時間に渡るオイストラフの特集番組です。ダヴィッド・オイストラフは、昭和のクラシックファンには「世界最高のヴァイオリニスト」として記憶されている人です。もちろん、ネコパパも少年時代から好きな演奏家で、メンデルスゾーン、チャイコフスキー、ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲は彼の演奏で聴き覚えたのでした。こりゃ、エアチェッ...

日本児童文学学会第 57 回研究大会報告③「赤い鳥」に執筆した文壇作家たち

2018/12/18         

『赤い鳥』創刊 100 年記念 講演会演題 『赤い鳥』と文壇作家―宇野浩二・豊島与志雄・菊池寛ほか―講師 関口安義(都留文科大学名誉教授・元文教大学教授)今年83歳、芥川龍之介をはじめとする近代日本文学研究の大御所、関口安義氏による講演は、傾聴に値する内容。研究大会の会場、越谷は関口氏の生まれ故郷でもあり、「赤い鳥」作家の一人豊田三郎は高校時代の先輩にあたるという。お話は少年時代、友人に薦められて読んだ「地...

2018年最後の蓄音機サロンは「懐かしの映画音楽」

2018/12/16         

早いもので、名古屋蓄音機クラブ主催の蓄音機サロンも今年は今回が最後です。外は今年一番の冷え込みでしたが、蓄音機のぬくもりで暖を取ろうと、今回も大勢の皆様がギャラリーに集まりました。内容は台風の影響で延び延びになっていた、井上マスター独演による映画音楽の夕べです。会場にはSPだけでなく、秘蔵の映画関連書籍がずらりと展示され、マスターの映画愛が如実に感じられる雰囲気に満ちていました。ハリー・ジェームズの...