ネコパパ、蓄音機サロンで「戦後洋楽事始」を語る②

2018/10/31         

■唯一の来日となった三人の名ピアニスト次は、この時期に日本を訪れた三人のピアノの名手たちの演奏をお聞きいただきましょう。三人に共通するのは、これが生涯で唯一度の来日になってしまったということです。3.モーツァルト ピアノ・ソナタ第11番イ長調K331~トルコ行進曲ワルター・ギーゼキング(ピアノ) 録音: 1930年代後半 Columbiaまずはドイツのワルター・ギーゼキング。主観を排し、譜面に忠実を旨とする「新即物主...

ネコパパ、蓄音機サロンで「戦後洋楽事始」を語る①

2018/10/30         

10月28日、ギャラリー香津原で開催された名古屋蓄音機クラブ例会・クラシック編のコメンテーターを務めました。お客様は25人ほど、テーブルを囲んでサロン風にセッティングされた会場で、ネコパパとしても大変気持ちよくお話をさせていただくことができました。何よりも素晴らしかったのは、蓄音機EMG-Mark9の絶好調の響きです。ダイナミックレンジの広いクラシック盤というのは、SPでもLPでもストレスのない再生は難しく、...

日本児童文学学会研究大会に参加します

2018/10/28         

例年行われている日本児童文学学会の研究大会に、今年も紛れ込んで勉強してきます。一般人でも参加はできますが、幸いにも会員のシュレーゲル雨蛙さんからお誘いを受けましたので、大手をふって参加してしまいましょう。実施要項を、学会ホームページから抜粋引用します。http://www.jscl.internet.ne.jp/2018112425taikai.pdfもしご興味がありましたら、みなさんもご一緒しませんか。参加費など詳細はホームページをご覧ください...

絵本・児童書の“萌え絵”論争

2018/10/25         

ネットニュースによると、最近ネット上では絵本・児童書に「萌え絵」が多く「子どもにふさわしくないのでは?」という論議が起こっているのだそうです。え、そうなの?そこで「絵本」「萌え絵」と入れてグーグル検索したところ、確かにかなりの記事が出ていることがわかりました。ことの発端はどうやら昨年12月、「アニメ絵本は、その当時の最先端のいわゆる『萌え絵』を取り入れていた」という投稿のようです。それには年代の違...

Iさん、奥様に叱られる

2018/10/21         

先週おじゃましたIさんからラインが届きまして。おおっ、蓄音機を購入されたんですね。コロムビア卓上型。おそらく1930年代後半の個体。サウンドボックスは音の良さで定評あるコロムビアNo9だと思います。ちょっと前面グリルが傷んでいたのも、お得意の手仕事ておしゃれにリニューアル。楽器であることを主張しています。SP盤も、40枚も入手されたとのことです。おっ、ペギー・リーの「ジャニー・ギター」だ。奥様に叱られたそ...

不良老年の午後

2018/10/17         

10月某日。蓄音機クラブの仲間、Iさんのお宅におじゃましました。場所は名古屋市中村区です。集まったメンバーは、井上マスターをはじめお馴染みの顔ぶれが、ずらり6人。それでもリスニングルームは全然手狭ではありません。Iさんが家業として経営されていた仕事場をリフォームしたもので、広さはざっと30畳…いや、もっとありそうです。自慢のオーディオ機器をずらりと揃えて、音量も好きなだけ鳴らせます。なんとも羨ましい...

10月火曜日は大学へ

2018/10/16         

10月の毎週火曜日、大学の公開講座に通っています。アヤママと二人で参加しています。大教室での講義は、学生時代に戻ったようで、ちょっとウキウキ。教室はいつも満員、参加者はとても熱心。ただし、随分と年齢層は高いのですが…講座の内容はこれ。グローバルの文字があちこちに飛び交っています。今日のテーマは「アメリカ文学」従来のイメージとは全く違う、国境や言語の違いを超えた、というか縦断する表現が、多くの作家た...

ネコパパとブルックナー「ロマンティック」

2018/10/10         

ブルックナーの交響曲第4番「ロマンティック」。これはいい曲ですね。ブルックナーの曲としては重苦しさがなく、それでいて「大作」らしいスケール感があります。とりわけフィナーレのコーダでの胸のすくような高揚感、飛翔感は見事です。昔はブルックナーの交響曲としては薄味で軽いと敬遠していた時期もありましたが、今は「第8」と並んで一番好きな曲になっています。まあ「ロマンティック」の表題は、どちらかといえば「第7...

アンサンブル・エネルジコで「ロマンティック」を

2018/10/08         

とても意欲的なプログラムの演奏会でした。いつもと違って、今日はネコパパがsige君を誘ったのです。はじめて聴くオーケストラでしたが、選曲が渋い。相当の自信が伝わってきます。最初は「序曲ト短調」ブルックナー初期の珍しい曲で、プログラムには「CDをお持ちの方は皆無なのでは」とありますが、どっこいネコパパ、二種類架蔵しています。といっても、滅多に聴く曲じゃない。最初の音から、オーケストラの音の確かさが伝わって...

朝比奈隆のブルックナー「拾遺集」がSACD化

2018/10/08         

朝比奈隆第2回のブルックナー交響曲全集がSACD化され、個人的には納得のいく音質になっていたのを喜んでいたところへ、このニュース。https://tower.jp/article/feature_item/2018/10/05/1111【タワレコ限定】朝比奈隆/VICTOR原盤ブルックナー:交響曲第4・7・8番、序曲、ミサ曲第3番(SACDシングルレイヤー)掲載: 2018年10月05日 15:00タワーレコード・オリジナル企画盤Global Culture Agency x TOWER RECORDSのSACDシングルレ...