東海アマデウスアンサンブル~筋の通った音楽

2017/02/27         

春の気配も漂う晴れた日曜日。 Sige君とコンサートに出かけました。このアンサンブルを聴くのは、昨年に次いで二度目になります。会場は瑞穂運動場に隣接する小劇場。前回は素晴らしい演奏にもかかわらず入りはいまひとつで勿体無い感じがしていましたが、今回は喜ばしいことにほぼ満席でした。 東海アマデウスアンサンブル 4thコンサート 2017.2.26 名古屋市瑞穂文化小劇場 指揮 池田逸雄 プログラム ワーグナー ジ...

追悼 スクロヴァチェフスキ 地が震えるようなショスタコーヴィチ

2017/02/25         

先日訃報記事を書いたスタニスラフ・スクロヴァチェフスキを追悼して、手持ちのエアチェック録画やCDをいくつか聴いてみた。録画は、2006年の来日公演で、シューベルトの「未完成交響曲」と、モーツァルトの交響曲第39番。シューベルトはぱりっと硬い響きで、高音から低音までしっかりと響かせたリアリスティックな演奏。モーツァルトも同様だが、歌うところは十分に歌っていて、形式美にとどまらない音楽になっていた。2006年と...

無伴奏チェロ組曲は、バッハ夫人の作曲?

2017/02/24         

 先日、こんなTV番組を視聴しました。バッハの夫人、アンナ・マグダレーナが、夫の作品を写譜していただけではなく、作曲もしていたのではないかと仮説する「研究報告」です。 ミセス・バッハ~バロックの名曲は夫人によって書かれた~ http://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=160328 2016年3月28日(月)午後5時00分~2016年4月29日(金)午前0時00分~2016年12月26日(月)午後11時00分~2017年...

「採集」は文理融合の合言葉

2017/02/23         

「採集」という連携高木史人2016年12月3日関西福祉科学大学 日本口承文芸学会第71回研究例会実行委員会さきに参加させていただいた日本口承文芸学会第71回研究例会に際して書かれた高木史人さんの著書が届けられました。拝読させていただき、大きな感銘を得ました。ネコパパなどにどれほどの感想をお伝えできるのか、ずいぶん心もとないのですが、返礼の意味も込めてすこしお話を…■昔話を「採集する」こと結城次郎著『肥前國北高...

訃報 スクロヴァチェフスキ氏~確固たるミスター・S

2017/02/22         

スクロヴァチェフスキさん死去90歳を過ぎても矍鑠たる指揮ぶりで、クラシックファンを弾きつけていたスタニスラフ・スクロヴァチェフスキ氏がなくなった。最後の演奏会は長年手塩に掛けたミネソタ管弦楽団とのブルックナーだったという。「老大家の至芸を聴く」ことは、ファンにとって胸が高鳴る期待感がある。でも、このひとがなくなってしまうと…そんな期待を抱かせる人は、あと誰がいるだろう?時は遠慮なく過ぎ去る…心から、...

ブルーナ氏、天声人語に…

2017/02/21         

(天声人語)ミッフィーの瞳の奥に朝日新聞デジタル 2017年2月20日05時00分http://digital.asahi.com/articles/DA3S12804862.html?_requesturl=articles%2FDA3S12804862.html&rm=149 オランダの絵本作家ディック・ブルーナさんは20代半ば、斜め向かいに住むイレーネさんに恋をした。彼女が通りかかる時間帯に自宅バルコニーで絵筆をとる。イヌ好きと知れば自分も飼って散歩に励んだ▼結婚を申し込むが断られる。「芸術...

祝! 蓄音機カフェ「エヂソン」いよいよ正式開店

2017/02/20         

http://www.arm-p.co.jp/edison/index.html2017年1月からご紹介してきましたが、1月19日(日)、名古屋の蓄音機カフェ エヂソンが正式に開店しました。おめでとうございます。地元の中日新聞には1月17日(金)に、大きな記事が掲載されました。開店初日は人手が予想されたので、ネコパパは前日の18日(土)にチャランさんと二人で前祝いに参上しました。この日は席がちょうど埋まるくらいの程よい入りで、すでに顔見知りとなったお客様...

追悼 ディック・ブルーナ氏~そらさず、きっちり、向き合う視線

2017/02/19         

ディック・ブルーナさん死去 89歳「ミッフィー」作家ブリュッセル=吉田美智子朝日新聞デジタル  2017年2月17日23時59分http://www.asahi.com/articles/ASK2K7L33K2KUHBI02F.html うさぎのミッフィー(うさこちゃん)で知られるオランダの絵本作家ディック・ブルーナさんが16日、故郷の中部ユトレヒトで老衰で死去した。89歳だった。発表したオランダの出版社によると、自宅でやすらかに息を引き取ったという。震災で涙...

追悼 佐藤さとる氏―そうだ、毛糸をほどけばいい

2017/02/18         

佐藤さとるさん死去自然との共生願い、コロボックル執筆児童文学作家の佐藤さとるさん死去「コロボックル物語」毎日新聞 2017年2月17日11時44分http://mainichi.jp/articles/20170218/k00/00m/040/119000c ファンタジー作品で知られ、9日に88歳で亡くなった児童文学作家、佐藤さとる(さとう・さとる、本名・暁=さとる)さんは、人や自然との共生の願いを込めてコロボックル物語シリーズを執筆したと毎日新聞に語ってい...

ドキュメンタリー『クラシック音楽と冷戦~東ドイツの音楽家たち』

2017/02/15         

みっちさんのブログで、大変興味深いDVDが紹介されていました。 http://mitchhaga.exblog.jp/26363273/ 「Classical Music and Cold War: Musiciansin the GDR」ドキュメンタリー『クラシック音楽と冷戦~東ドイツの音楽家たち』 アマゾンのマーケットプレイスで廉価に出てたので注文してあったのですが、ようやく昨日到着しました。これは、「第2次大戦終結からベルリンの壁崩壊に至るまでの東ドイツ側の音楽業界...