真夜中の大時計の音

2008/08/31         

■Thelonious Monk (Solo On Vogue)■Thelonious Monk ,piano■1954.6.7■Vogue1.ラウンド・アバウト・ミッドナイト 2.エヴィデンス 3.煙が目にしみる 4.ウェル・ユー・ニードント 5.リフレクションズ 6.ウィ・シー 7.エロネル 8.オフ・マイナー 9.ハッケンサック 学生時代、bassclef君の自宅で聴かせてもらい、強く深く、印象に残った一枚。社会人五年目の冬に購入したのが上掲のLP。ジャケットはまったく見覚えのないもので、これ...

二十面相の愛唱詩

2008/08/31         

テレビアニメ『二十面相の娘』で、またも本の話題が。ポール・エリュアールの詩が物語のなぞを解く鍵として使われているのだ。原作にはない設定とのことであるが、スタッフの洗練された文学趣味に驚かされる。ポール・エリュアール(Paul Éluard、本名Eugène Grindel、1895年12月14日 - 1952年11月18日)は、フランスのシュルレアリスム派の詩人。一連のシュールレアリスム運動で産出された内最高の詩人とも言える。 ...

リュートさざめく水面にも似て…

2008/08/29         

■家守綺譚(いえもりきたん)■梨木香歩■四六判変型 ■158ページ ■ISBN  978-4-10-429903■発売日 2004/01/30■新潮社 梨木香歩の文体について、こんな風に評する人がいる。「リュートを奏でるようなその文体は読むものを清冽な覚醒へと誘う」児童文学評論家・翻訳家の清水眞砂子である。(『春になったら苺を摘みに』新潮文庫版解説)リュートはルネサンス期、ヨーロッパのほとんどの国で愛用さた撥弦楽器。その名は「木」を意味するアラ...

漆黒の夜に響くアンサンブル

2008/08/29         

■California Concerts Volume1 Gerry Mulligan■Gerry Mulligan,balitone sax.piano  Jon Eardley,trumpet  Red Mitchell,bass  Chico Hamilton,drums■1954.11.12■PACIFIC JAZZ1 BLUES GOING UP2 LITTLE GIRL BLUE3 PIANO BLUES4 YARDBIRD SUITE5 BLUES FOR TINY6 SOFT SHOU7 MAIKIN`WHOOPEE8 DARN THAT DREAM9 ONTET10 A BARK FOR BARKSDALEパシフィック・レコードの10インチ盤第一号は『ジェリー・マリガン・カルテット』、1...

結晶化されたセクステット

2008/08/27         

■『1958 Miles』Miles Davis■ Mar 4, 1958 - May 26, 1958 ※October 26, 1955 ■Miles Davis(tp) John Coltraine(ts), Julian Cannonball Adderley(as), Bill Evans(p), Paul Chambers(b), Jimmy Cobb(dms) ※Red Garland(p), Philly Joe Jones(dms) ■米COLUMBIA(CBS-SONY)1.On Green Dolphin Street2.Fran-Dance3.Stella by Starlight4.Love For Sale5.Little Melonae※エヴァンスの流れるようなピアノの序奏に続いて、マイルスの...

ワニがリズムを取るひととき

2008/08/26         

■Everybody Likes Hampton Hawes Vol.3:The Trio / Hampton Hawes■Hampton Hawes (p)Red Mitchell (b)Chuck Thompson (ds)■1956.1.25録音■contemporary ①Somebody Loves Me ②The Sermon ③Embraceable You ④I Remember You ⑤Night In Tunisia ⑥Lover,Come Back To Me! ⑦Polka Dots And Moonbeams ⑧Billy Boy ⑨Body And Soul ⑩Coolin' The Blues 私がレッド・ミッチェルという名を知った初めての一枚。一曲目Somebody Loves Me ...

熟成のジャズを聴く

2008/08/25         

大学時代の同期生bassclef君宅へ、友人shige君とともに訪問。三十年ぶりにゆっくりと歓談。bassclef君は「夢見るレコード」という素敵なブログを運営している、ジャズをこよなく愛し、奏でる夢見るべーシストである。私は大学時代、shige君やbassclef君のおかげでジャズという音楽の魅力を知ることができた。それは私の人生にとってとてもおおきな事件であった。bassclef君の自室には五千枚になろうとするアナログ盤が並び、彼は...

コンサートホール二題~ミューザ川崎シンフォニーホール

2008/08/21         

■高橋敦指揮 ジャパンフレンドシップフィルハーモニック音楽會■日時:2008年08月10日(日) 12:50開場13:30開演 《全席指定》■場所:ミューザ川崎シンフォニーホールここは日本有数の音響効果の良いホールとのこと。各種サイトでそのうわさを聞き、一度は訪れてみたいと思っていた。ホールは川崎駅に隣接しており、アクセスは便利な場所である。このオーケストラは神奈川大学、早稲田大学等の大学オーケストラのメンバーを中心に、...

コンサートホール二題~京都コンサートホール

2008/08/19         

コンサートホールの話題、一つ目。7月26日、京都コンサートホールで演奏会を聞く。よい響きの音楽専用ホールがなかった京都に、ついに1995年に完成した質の高いホールということで、ぜひ聴いてみたいと思っていた。京都市音楽高校オーケストラの演奏会。かつては堀川高校と呼ばれ、日本唯一の市立の音楽高校という。日本のプロオーケストラに多くの卒業生が在籍、当夜のコンサートにもNHK交響楽団や新日本フィルハーモニーの団...

京都古ビル 時を超える散歩

2008/08/15         

7月某日。別掲の池澤夏樹講演会に出向いた際に、京都の古ビルを散策。京都は神社仏閣 日本古式の町並みも美しいが、昭和初期の洋風建築もよく保存され 活用されている。空襲を免れたのは古刹ばかりではなかった。烏丸御池。京都国際マンガミュージアムは旧御池小学校の校舎を転用したもの。もう何度も出かけている。展示室や資料室は博物館として現代感覚で構築されているが、紙芝居を毎日実演する教室や、校長室、各階への階段...