お知らせ
児童文学と音楽の散歩道reloadへようこそ!
子どもの本と、古めの音盤(LP・CD)に埋もれた「ネコパパ庵」庵主。
娘・息子は独立して孫4人。連れ合いのアヤママと二人暮らし。
  • ひさしぶりに気になるCDが。チェリビダッケ・ヨハン・シュトラウス名演集。
    最近、CDを買う行為をめったにしない。一応は、タワー、HMVの新譜情報は見るのだけれど、引っかかってくるものがない。そこに今朝、目の覚めるニュースがスマホに入ってきた。これだ。「ん、これは…即注文!」ワルツ〈南国のバラ〉序奏の〔0分42秒~〕の遅さはチェリならではの微視的な超微速前進の典型。その後の快速との対比・落差の何たる激しさ。これもウィーン風ではないが、それなりに歌い揺れる。コーダの加速と拍手は、い... 続きを読む
  • あの時代をもう一度、ジャズ漬けの4時間。
    昨日大曽根のK氏邸で在りし日の「ジャズ喫茶グッドマン」再現という企画がありました。再現といっても、いつものサロン会場を真っ暗にして、大音量で、K氏やお客様が持ち寄ったジャズ盤を順繰りに聴く、そして珍しくビールも出る…という、それだけの「再現」です。個人的にはとても面白い企画だと思ったのですけれど、K氏のお宝である、蓄音機EMGは鳴らさない、というのがちょっと物足りないところで、はたしてお客様は集まるのか... 続きを読む
  • 音楽を楽しむ会・5分で聴くクラシック名曲集⑤ 追悼・小澤征爾
    2024年 第4回 4月13日(土)午前10時~12時 (毎月第2土曜日開催) No390 今月のテーマ 5分で聴くクラシック名曲集+α⑤、追悼・小澤征爾 前口上・名曲アルバムについて『名曲アルバム』は、1976(昭和51)年にスタートした5分間の長寿音楽番組。 番組開始から42年(2018年現在)で、総制作本数は1300曲以上。取材先は43の国と地域におよびます。1978年10月以降ステレオ録音になっています。 番組で演奏されている楽曲は、レ... 続きを読む
  • 3分16円の道楽日和でした。
    第11回の音聴箱・蓄音機コンサートがウイルあいちで開催されました。春真っ盛りの、土曜日の午後です。今回はIKさん所蔵の英国製HMV130と、VICTORの木製ホーン改造型のラッパ蓄音機の2台が活躍。和やかな雰囲気で進行しました。ここしばらく体調を崩され休養されていたITさんも再起、元気にコメンテーターを努められたのも喜ばしいことでした。さて、今回のプログラムです。第1部はIWさんの歌謡曲。今回は歌も素晴らしいものでした... 続きを読む
  • 蓄音機の針が来た!
    新しく蓄音機を購入したので、ついつい再生してしまいます。 盤をとっかえひっかえ、針もいろいろ試しながら聞いていますが、まだ機械の癖というか使いまわしが十分にはわからない。 気が付くと、針の減りが速い。これは困りました。 蓄音機の針というのは厄介で、原則一面かけると、新品に交換することになります。 3分から4分で1本使ってしまうわけで、コスパは決して良くない。昔は同じ針を何度も使って、盤を真っ白に... 続きを読む
  • 作品はいい気持ちラインでないと-角野栄子・神宮輝夫の対談
    『文藝別冊 角野栄子』に掲載されていた角野栄子・神宮輝夫の対談。出典の『現代児童文学作家対談』(偕成社)が手元にあったので覗いてみました。この対談、二人の間にピリピリとした緊張感が感じられて、それが不思議だったのですが、元の本を確認してみて、納得しました。今回は、そのことについて書きます。35年前の対談で、『別冊文藝』に掲載された写真のイメージとは違う、若い角野栄子さん。でも、ゆったりとしたマイペー... 続きを読む
  • 追悼・絵本作家さとうわきこさん
    絵本作家のさとうわきこさんがご逝去されました。ネコパパも、アヤママも、娘も息子も孫たちもみんな大好きな作家さんでした。心よりご冥福をお祈りいたします。一番最初に買った本はこれ。高校生の時でした。「おつかい、いってきてちょうだい」というお母さんに、なにやかや理由を言って行かないてすませようとする。言いくるめようとするお母さん、変化のあるくり返しがつづいて、意外なオチが。愉しいなあ!これ一冊でファンに... 続きを読む
  • 名前がよめないオーケストラ。
    この演奏会、ぜひ行きたい。プログラムは贅沢で、指揮者は中村暢宏氏。きっと素晴らしい音楽が聴けるでしょう。しかしこのオーケストラの名前は、何と読めばいいのだろう。SNSを見ても読み方がわからない。自分たちは「Vオケ」と呼んでいるようですが。https://twitter.com/vasnivyorchestr?lang=jaWikiによると「情熱的な」と形容動詞で翻訳されます。チェコ語です。語形変化も、なかなか複雑。ネコパパはカタカナでないと読め... 続きを読む
  • ネコパパ、約100年前の蓄音機を入手する。
    この3月、英国アンティーク博物館、シェルマンアートワークス、「かふぇ・あたらくしあ」と…いろいろ回って、ネコパパは少し頭がいかれたのでしょう。蓄音機を衝動買いしてしまいました。某オークション出品蘭の「オーパホール済みの英国製完動品」というコメントに目が眩んだようです。衝動買いと言っても1週間くらいは考えました。ネコパパごときに贅沢すぎるのでは、という価格設定だったからです。でも、考えあぐねているうち... 続きを読む
  • SF少女マンガ全史-昭和黄金期を中心に
    これは全然情報を持っていなくて、緑区の丸善でみつけて、すぐ衝動買い。こういうことがあるから、町の書店はなくしてはいけないのだ。ネットでポチ買いした時に比べて、充実感、期待感が違う。もちろん、読む勢いも違う。この表紙を見てパッと内容がわかる人は年季の入った読者だろう。萩尾望都はいまも大ファンだし、山田ミネコはほぼ諦めていながらいつか「最終戦争シリーズ」の続編が出るのではないかと密かに思っている。山岸... 続きを読む
  • 生への野心と渇望が音楽に…名古屋アマデウス管弦楽団
    K君のご招待で、Sige君と聴いてきました。K君はヴィオラ担当、今回は、客席からよく見える場所で彼の真摯な演奏を見られたのも収穫でした。昨年の演奏会を最後に、ほぼホームグラウンドだったしらかわホールに別れを告げた名古屋アマデウス管弦楽団。今回はそこからほど近い場所にある、電気文化会館ザ・コンサートホールでの演奏会です。ネコパパたちは、真ん中よりもやや後方、中央で並んで拝聴したわけですが、あらためて感じ... 続きを読む
  • 別冊太陽・絵本Ⅱ
    東京行の2日目、上野の「印象派」展を鑑賞した後は神田神保町に回り、三時間時間ではありましたが古本屋街を歩きました。上野からの地下鉄乗り換えに意外に手間取って、やっと地上に出ると、すかさず甘酒でお出迎え。喜んで2杯もいただきました。ちょうど「春の古本祭り」開催中だったのです。通りに面して露天に並べられた古書棚はいつ見ても楽しい。他では見られない光景です。本を探し、本に見入る(魅入られる)人々が大勢集ま... 続きを読む
  • 文藝別冊・角野栄子
    河出書房新社 2024年1月30日初版発行こんなふうに文芸雑誌に紹介される児童文学者って、近頃滅多にいないでしょう。いや、みんな児童文学者とは思っていないかもしれない。童話作家かな、いや、それよりも魔女?TVでも、映画でも人気。児童文学界のアイドルです。本書はそんな「カラフルな魔女」角野さんの魅力を多面的に探るアンソロジーです。資料面でも充実していて、1970年から2023年までの著作リストは、角野作品を考える上... 続きを読む
  • 世界音樂名盤集 第3輯。
    SPレコードの購入は、大体ネットオークションだ。街の中古レコード店やハードオフで見かけることはあるが、愛知では限られている。古参のファンは骨董店や大須の骨董市にも出かけるようだがネコパパは行ったことがない。IWさんの話では近頃は良いものが出ないし高いとのこと。座って選べるものぐさな買い物ならネットが一番だ。実物を見ないのは心配だが、安ければ問題なし。クラシックは、国内盤なら、ひと山いくらで安売りも多い... 続きを読む
  • 銀ブラでいろいろ。蓄音機のシェルマンにも…
    3月21日はやや気温は低かったものの、風はなくアヤママと銀ブラするには悪くないお天気でした。深津君の個展に行く前には、芥川龍之介や菊池寛が通い、ジョン・レノンも来訪したという古い喫茶店のカフェ・パウリスタでコーヒーを味わい、古典の後は、歌舞伎座ギャラリー、ヤマハホール、子どもの本専門店ナルニア、アンパンで有名な銀座木村屋、蓄音機専門店シェルマンアートワークスといろいろ回って、夕食はこれも古いお店のラ... 続きを読む

プロフィール

yositaka

Author:yositaka
子どもの本と、古めの音盤(LP・CD)に埋もれた「ネコパパ庵」庵主。
娘・息子は独立して孫4人。連れ合いのアヤママと二人暮らし。

ご訪問ありがとうございます

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR