お知らせ
児童文学と音楽の散歩道reloadへようこそ!
子どもの本と、古めの音盤(LP・CD)に埋もれた「ネコパパ庵」庵主。
娘・息子は独立して孫4人。連れ合いのアヤママと二人暮らし。
  • 新生!蓄音機サロン
    「ギャラリー香津原」あらため「談話室 香津原」として蓄音機サロンの会場がリニューアル・オープン。1月11日(土)本年最初のサロンが開催されました。オープンした談話室は浮世絵版画専門店・香津原の事務所を兼ねたスペースで、昨年までのギャラリーに比べ幾分こじんまりとしています。勝原オーナーは定員20名くらいを想定していたようですが、「こけら落とし」の予約は32名の盛況で、スタッフは椅子の用意に奔走されたとのこ... 続きを読む
  • 曲も演奏も聴きわける凄耳アプリ
    プロ友さんの記事によると「スマホに音楽を聴かせると、たちまち曲も演奏も聴きわけるアプリ」があるのだという。そんな馬鹿な。あるとしても値が張るに違いない。そう思いつつ、一応検索してみたところ、あるある。それも無料アプリで。そこでひとつダウンロードしてみた。例えばこの「オトミィ」というアプリ。ダウンロードすると、こんなマークが出てくる。そこをタップすると、検索開始。I-Tunesを開いて、いろいろ聴かせてみ... 続きを読む
  • 音楽を楽しむ会・新年を彩る音楽
    今年も豊明市立図書館自主企画「音楽を楽しむ会」の構成とご案内を担当することになりました。会長のNさんの会計報告によると、1990年スタート、今年は30周年になるそうです。年の初めと合って参加者は約30人。会終了後の新年お食事会には16人の参加者があり、これは前代未聞とのことでした。以下は、今回のプレゼン原稿の紹介です。2020年第1回(322回)1月11日(土)午前10時~12時(毎月第2土曜日開催今月のテーマ 新春を彩る音... 続きを読む
  • 子年にちなんで「冒険者たち」を考える
    1月8日朝日新聞夕刊。珍しく、児童文学に関係する大きめの記事が掲載された。紹介されているのは斎藤惇夫『冒険者たちーガンバと十ひきの仲間』(1972)。現在は岩波書店刊だが、初版は牧書店という地味な児童書出版社から出たものである。これは初版の表紙。主人公はドブネズミのガンバ。もともとは町に住む、威勢がよく向こう見ずの「坊ちゃん」気質の若者ネズミだったが、ふとしたことから冒険者を気取る船乗りネズミたちと知り... 続きを読む
  • ジネット・ヌヴーの「詩曲」と「ツィガーヌ」
    井上マスターからの年賀状で、「ジネット・ヌヴーって、誰ですか」とあったので、何かご紹介できるものは…と思って棚を探したら、これが出てきました。1990年発売の独EMI盤CDで、出たばかりのころに買ったもの。ヌヴーをまともに聴いたのは、このディスクが最初だったかもしれません。もう30年にもなるのか。買った店はよく覚えています。東名高速豊田インターの近くの大型スーパーに入っていた「新星堂」で、価格は1500円でした... 続きを読む
  • ごろごろにゃーんのお正月
    ネコパパお正月の日々。娘テンチョウと孫ノテンコ、コリコが年末年始10日間滞在して、ネコパパもアヤママも、息つく暇もありませんでしたよ。でもまあ、いいおじいちゃんの役をふんだんに楽しみました。コリコは「ネコおじいちゃん」と呼んでくれます。その5人で、元旦は妹一家のお宅へいきなり押しかけ、ネコのラスク3歳とも初対面。神経質で知らない人にはなかなか寄ってこないそうですが、テンコもコリコも動物好きで慎重に対応... 続きを読む
  • 2020年、今年もよろしくお願いします
    2020年聴き初めのバッハ。ヴァイオリン協奏曲第2番ホ長調BWV1042ヴァイオリン・ソナタホ長調BWV1023(レスピーギ編)シンフォニアニ長調BWV1045ギドン・クレーメル(Vn)マリス・ヤンソンス指揮レニングラード・フィルハーモニー管弦楽団1978年録音 露メロディアLP 33C10-08583-84『マタイ受難曲』BWV.244マーク・パドモア(福音史家)ピーター・ハーヴェイ(イエス)デボラ・ヨーク(S)ジュリア・グッディング(S)マグダレーナ・コジェ... 続きを読む
  • まろのSP日記第22集を聴きました
    「まろのSP日記第22集」~音楽のある街・高崎市編~12月28日にNHK-FMで放送されました。蓄音機操作は勝原オーナーも知遇を得ている、日本を代表する蓄音機マイスターのマック杉崎氏。使用蓄音機の説明はありませんでしたが、まろ氏のTwitterにアップされた写真を見ると、EMGのようです。これならホールでも十分な音量があるはずなので、拡声はなしでしょう。左側に設置されたマイクはおそらく収録用でしょうね。<出演者>篠崎史... 続きを読む
  • テンコ、コリコと絵本選びに
    年末年始に埼玉から娘親子が滞在中。娘テンチョウ、テンコ1年生、コリコ2歳。児童文学依存症のネコパパは、孫たちに本をプレゼントしたい衝動にかられます。そこで、テンチョウがネコパパ夫婦に二人を預けて友人たちと忘年会に出かけた隙に、近くの書店に直行しました。テンコは幼少期からネコパパ蔵書をふんだんに読み聞かせているせいもあって、いまでは相当な読書好き。あっという間に座り込んで、次々に読みふけります。そん... 続きを読む
  • 追悼 ペーター・シュライヤー氏 84歳
    年の瀬に訃報が続く。ドイツの名テノール歌手、ペーター・シュライヤー氏死去。伝説的オペラ歌手ペーター・シュライヤー氏死去 84歳12/27(金) 6:28配信AFP=時事https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191227-00000002-jij_afp-ent2011年9月24日撮影【AFP=時事】20世紀を代表するリリック・テノールとして広く知られるドイツのオペラ歌手・指揮者のペーター・シュライヤー(Peter Schreier)氏が25日、出身地のドレスデン(Dre... 続きを読む

プロフィール

yositaka

Author:yositaka
子どもの本と、古めの音盤(LP・CD)に埋もれた「ネコパパ庵」庵主。
娘・息子は独立して孫4人。連れ合いのアヤママと二人暮らし。

ご訪問ありがとうございます

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR