お知らせ
児童文学と音楽の散歩道reloadへようこそ!
子どもの本と、古めの音盤(LP・CD)に埋もれた「ネコパパ庵」庵主。
娘・息子は独立して孫4人。連れ合いのアヤママと二人暮らし。
  • 蓄音機店主人の手になる豪華な入門書。
    梅田 英喜【著】価格 ¥3,080(本体¥2,800)デコ(2021/03発売)https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784906905201こんな本が出たというので、早速取り寄せました。著者は1957年北海道生まれ。蓄音機専門店「梅屋」を都内の駒場、青山、神保町であわせて20年あまり営業し、2015年春、店舗を大分県・由布院に移されています。NHKのSPレコード番組(AM、FM)に協力および出演、テレビ東京『開運!なんでも鑑定... 続きを読む
  • 春はうきうき♪ホンワカホンワカ♫
    4月10日、ウィル愛知にて2回目のクローズド蓄音機会が開催されました。コロナ禍の心配な中ですが、春たけなわの晴天、適度な人数で楽しむことができました。ネコパパはこの日図書館での「音楽を楽しむ会」もあったので、アヤママと一緒に高速を使って一気に到着。一日二回の登壇で慌ただしい一日になりました。でも、趣味の世界ですから、こういうときは力が出るものです。当日のプログラムです。テーマの「ホンワカホンワカ」... 続きを読む
  • 音楽を楽しむ会・楽器の世界⑨コントラバス・ハープ
    豊明市立図書館自主企画2021年第4回 4月10日(土)午前10時~12時 (毎月第2土曜日開催)今月のテーマ 楽器の世界⑨コントラバス・ハープ第1部 コントラバスオーケストラの前方に陣取る弦楽器群のなかで、全体を下からしっかりと支える役目を持っているのがコントラバス。単にバスもしくはベース(Bass)(英語圏ではこの呼び方をする人が多い)コントラバス(日本のクラシック音楽、吹奏楽における名称)ダブルベース(英語起源)... 続きを読む
  • ベームのケルン・ライヴは、老いの影を超越した清澄な音楽だ。
    先日ご紹介したカール・ベーム指揮ケルン放送交響楽団のライヴLPについて。まず1977年録音のベートーヴェン、交響曲第7番を聴く。この年はベームがウィーン・フィルとの二回目の来日公演を行った時期で、老巨匠はまだまだ元気で、その姿はNHKでも放送された。それはNHKホールで演奏された「運命」「田園」というプログラムで、DVDやCD、LPでも発売されている。なので、この「第7」も、75年来日時のような、叩いてもびくともし... 続きを読む
  • 名古屋アマデウス室内管弦楽団、熱演の「プラハ」。
    4月4日、ネコパパはコンサート鑑賞。sige君とK君のご厚意による招待です。いつもありがとう。毎回楽しみにしている、名古屋アマデウス室内管弦楽団の定期演奏会ですが、昨年第12回はコロ難儀で中止となり、今回は全く同じプログラムでのリベンジ公演となりました。最初は「エクスルターテ・ユビラーテ」。「踊れ、喜べ、幸いな魂よ」などと訳されている作品で、往年の名画『オーケストラの少女』で子役ディアナ・ダービンが、ス... 続きを読む
  • ネコパパ、怪獣酒場でジャミラの苦渋を噛み締める。
    3月末、およそ10ヶ月ぶりに埼玉の娘一家の家に滞在しました。伊勢湾岸・新東名・圏央道、片道5時間を愛車スージーで走破し、およそ10ヶ月ぶりに孫のテンコとコリコにも再開。ネコパパ、大満悦です。ただ、例のコロ難儀の心配もあって、孫を連れての外出は、おいそれと外出はできません。せいぜい近所の散歩、買い物、ランチを楽しむくらい。一度だけ、コリコをアヤママに任せて、娘テンチョウ、テンコ、ネコパパの三人で新橋... 続きを読む
  • 栄光の蓄音機クレデンザをハイビット・デジタル収録
    愛知県図書館で借りたCDのご紹介です。いずれもレコード店の店頭ではあまりお目にかかれない、貴重なディスクでした。栄光の蓄音機 ビクトロラ・クレデンザで聴く フバーイ、ブーシュリ、ブルメスター Coodination: (株)シェルマン 磯村建文レコーディング・エンジニア:依田平二1994.10.7 ビクター青山スタジオにて20bitK2システムにより収録今回の録音にはビクターエンターテイメント社の所有するクレデンザが使用された... 続きを読む
  • アポリアー災禍の中の生を描く児童文学
    童心社 初版2016.5.16野島一弥が不登校のひきこもりになったのは、スパイクが原因だった。同じクラスの鷲田が、ふざけて隠したスパイク。買っても買ってもすぐに足がでかくなって窮屈になる。「馬鹿の大足ね」と笑って、かあさんは金を出してくれる。家にゆとりがあったわけじゃない。でもかあさんは、いつもそうした。鷲田は隠してあったスパイクをトイレの便器に投げ込んだ。咄嗟に掴みかかった一弥が抱いたのは殺意だつた。簡... 続きを読む
  • ネコパパ、愛知県立図書館にあらわる。
    ブロとものgeezenstacさんから耳寄りな情報を得て、ネコパパは名古屋の官庁街の丸の内にあらわれた。久々に愛知県立図書館に入館し、利用者登録をしたのだ。これで、貸し出しサービスはもちろん、ビデオ、CD、DVDの利用貸出が可能になる。図書は6冊3週間、紙芝居は6点3週間、AV資料は3点3週間の貸出ができる。AV資料室をのぞいてみると架蔵は膨大だ。試しに2点借りてみた。こんなサービスも行っているらしい。さらに、ホー... 続きを読む
  • スウィトナー指揮のモーツァルト「魔笛」に酔う。
    ひさびさに「魔笛」の録音を聴いた。オトマール・スウィトナー指揮ドレスデン・シュターツカペレのCD、1970年の録音で、この曲の優れた演奏として高い評価を得ているのは、半世紀を経ても現役盤であることからして、明らかだろう。聴いたきっかけは、へうたむさんの記事。http://bluegourd.jugem.jp/?cid=3最近この曲のDENON盤CDを入手されたという。確かに、これが最初に出たのは、独オイロディスクと契約していた日本コロムビア=... 続きを読む

プロフィール

yositaka

Author:yositaka
子どもの本と、古めの音盤(LP・CD)に埋もれた「ネコパパ庵」庵主。
娘・息子は独立して孫4人。連れ合いのアヤママと二人暮らし。

ご訪問ありがとうございます

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR